労働環境について想う

たまには真面目な話でも。

デンツーの社員の問題で、
昨今、残業時間を規制するハナシにことは進んでいるけれども、
個人的には、これって労働時間というよりも、
どちらかといえば責任・ノルマの問題のように思うのだが、違うか。

詳しくは知らないけれども、昨今では、
コンビニのバイトにもノルマや罰金があるというではないか。
昨日は、コンビニの棚に並ぶ節分の太巻きを眺め、
暗い気持ちになってしまった。
バイトにそれを求めるのは酷というものである。
それなら、営業として別にバイトを雇って、
店内で営業をさせればいいのだ。

どうでもいいけれど、
この太巻きの習慣って関西発祥ということだが、
そんな風習は子どもの頃にはなかったと思うし、
そもそも太巻きを一気に食うことの意味がわからない。
なにより、関西モンとしては、太巻きではなく、
押し寿司をもっと押せばいいのにと思う。
(握り寿司よりも押し寿司の方が好きなのです)

そんなこんなで、
うちの事務所もこの春で10年目に入ります。
この10年間、ただの一度も営業活動をせずに、
ホームページからのお客さんだけでやってこれたのは、
(ひとえに自分の人柄の良さもありますが)
我ながら奇跡ではないかと思います。
確かに、儲かってはいませんが、事務所を閉じるほどでもない。
誠にありがたいハナシですね。(感謝)

まあ、とにかく、
いろんな労働環境があると思いますが、
悩み事が出来たら、
早めにジェーン・スーさんに相談してくださいね。
スポンサーサイト

登記とフォント

これまで考えたこともなかったのに、
突如、強迫観念のように疑問が湧いてくることがある。

ということで、昨日、
不動産登記の準備をしていて、
ふと、「これは外字かな」と疑義が生じると、
一瞬「わー」となり、いろいろと調べずにはいられなくなって、
結局、フォント違いということがわかるまでに費やした時間、
約2時間。(10年以上やっていてもこんなものである)

で、それは何かといえば、
「家」とかの右の部分の表記なのだけれど、
(実際、気になった字は「家」ではなく、もう少し外字っぽい字です)
普通、MS明朝で打つと「水」の右側のような字になるのだけれど、
よくよく登記事項を見てみると、少し様子が違うのだ。

png.png

わかります?
右の「払い」の部分が、上の横棒まで伸びているのだ。
そんなこと、これまで気にしたことがなかったのに、
それが、昨日、突如、気になってしまったというわけである。
(なんでかはわからない。気になったものは気になったのだ)

で、「誤字・俗字・正字」の本を読んでも埒が明かず、
奥さんに聞いたら、
「そんなもの一緒の字に決まっている」というので、
「そうなの? 決まっているの?」と尋ねると、
奥さんはちゃっちゃっとパソコンをいじり、
「ほら、これ」と出してくれたのが、
フォントの「メイリオ」だったのだ。
(その他、「游明朝」シリーズもそうなる)

まったく頼りになる奥さんである。

問題は、それが個人的な問題ではなく、
共同申請する他の司法書士さんに連絡してしまったことだ。
まったく恥ずかしいことであるが、間違えるよりはずっとよい。
「恥はかいても間違えるな」とは、
司法書士になってずっと心掛けていることけれど、
年をとるたびに虚栄心も、羞恥心もなくなってくるようです。

なにはともあれ、間違えるよりはずっといい

ほんとだよ

カゾクのモンダイ

たまには仕事の話、夫婦別姓について
以前に少し書いたので、コメントをしておきます。

夫婦別姓についておもう

最高裁判断が昨日出ましたが、
「さもありなん」という判断だったと思います。
個人的には「夫婦別姓OK」というのが自分の立場ですが、
好むと好まざると、日本は「世間」という圧力が強いので、
子供の姓について議論・コンセンサスが進まない限り、
ドラスティックな変更は無理かなと思っています。
ただ、善後策としては、結婚後でも、
他方の姓に変更できるようにしてもいいと思います。
いろいろと事情や気持ちが変わることもあるし。

あと、逆にいえば、「選択的夫婦別姓」よりも、
「絶対的夫婦別姓」の方がよいと僕は思います。
んで、未成年のうちは両姓を併記し(もしくは姓の記載をしない)、
成人するときに子供自身が選択するってのはどうかしら。
というか、個人的には、
戸籍なんか廃止しちゃえばいいと思っているのだけれどね。

で、再婚禁止期間については、
「100日分はOK」という判断は意外でした。
100日と180日とどう違うのか、ボクにはよくわかりません。
こちらは、夫婦別姓より、
余程、実際的な不便が多いと思うので、
それならば、女性からの離婚請求がより認められやすくなるとか、
離婚後の母方の戸籍に直接入籍できるとか、
なんらかの対策が必要ではないかと思います。
特にDV事案だとかに対応しやすい制度になればいいし、
なによりも、その子らにとって、
よりストレスのない制度になればと願っております。

水が水を呼ぶ

なぜかしらねど、9月に入ってから
商業登記ばっかりやっている。

設立も、株式会社、合同会社の依頼は普段もあるが、
今月は一般社団法人や有限責任事業組合(LLP)もあり、
なんか商業登記専門の事務所のようだ。

別に特定の税理士からの紹介というわけではなく、
ホームページからのお客さんか、そのリピーターで、
我が事ながら、そういうこともあるもんだと感心しています。

商業登記も、最近、取り扱いが変わったので、
また、こまめにチェックしないといけないな~
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市