無意識に逆を行く性格

(今見たヤフーニュースのはなし)

コンビニでセブンイレブンが1人勝ちだということで、
その理由が、なんでも惣菜に力を入れたということですが、
自分は、個人的には、子どもが生まれてから、
セブンイレブンに限らず、
キャンプや遠出の際の高速道路のSAを除き、
コンビニでは主食系は買わないようになりました。
だから、かれこれ7年くらいコンビニで弁当は買っていません。
(欲しいときは少し離れたスーパーのオアシスまで行きます)
結局、コンビニでは水の他は、夏場にアイスを買うくらいで、
あとはチケットの購入や支払いのときに利用するくらいかな。

なんかね、別にコンビニが憎いわけじゃないのだけれど、
天邪鬼な性格からか、
大きな力で主導されているものに警戒しちゃうのよね。
インターネットとかね(今だに!)。
ネットでなんか買うときも、カードは極力使わないし、
正直、ガラケー使っているのも、同じような感覚からなのね。
なんかイヤなのよね。
とにかく、自分にとって「便利」ということは至上価値ではないのよ。
どちらかといえば、少し不便なくらいで調度いいと思うのだが、
あまり賛同者はいなかろう。

ということで、
クソジジイ路線の真ん中を突っ走っております。

ちなみに、学生時代は、たぶんセブンイレブンだったと思うけれど、
「イカフライおかか弁当」が大好きでした。
でも、もう、あんなに高カロリーなものは食べられません。
スポンサーサイト

キョウイクは難しい

ということで、最近、
子どもが「もう来年はガクドーに行きたくない」というので、
それならば仕事が終わるまでの居場所の確保として、
どこか塾とか習い事がないのかなと、
いろいろと体験入学とかしているのだが、
先日行った塾の先生に、
「家ではどれくらい勉強されているのですか?」と聞かれて、
「宿題をするのに15分位はしていると思いますけど」と答えたら、
「あっ、それだけ・・」という感じで恐縮してしまいました。

えっ、でもまだ2年生だよ。
2年生が家で勉強なんてするの?
自分は中学からそれなりの私立に行ったのだが、
それでも5年生になってからやっと勉強しはじめたくらいだと思うのだが、
そうではないのかしら。

とはいっても、
こっちは別に私学への進学を目指しているわけでもなく、
ただ学校が終わってから親の仕事が終わるまでの時間を潰してほしいだけなので、
なかなかマッチングが難しいですね。
やっぱり、習い事とかの方がいいのかしら。
でも、近所って塾系しかないのよね。

いろいろと難しいところです。

グルテンフリー生活 2ヶ月総括

どうでもいいハナシ

ということで、
グルテンフリー生活に入り2ヶ月が経ちました。
で、感想としては、2週間目の感想、1か月目の感想とそう変わりません。

過去ログを参照ください。

つまり、まとめると次のような感じ。

1.目に見える効果としては、乾燥肌がよくなった。
2.全然辛くはない。(我慢はしてない)
3.若干、むくみが取れたような気がするが、
ダイエット効果としてはどうかなという気がする。
4.他人に薦めるようなものでもない。
5.かといって、別に否定するわけではない。
6.ということで、もう少し続けてみようと思う。

てな感じかな。
まあ、調子はいいので、
個人的には向いているのかなというところ。

でも、問題は、これを貫くと、
他所でおよばれしても、
遠慮しなければならないというところが、
1番のデメリットだと思いますね。

ということで、
とりあえずは12月までグルテンフリーを意識し、
それ以降は「他所で出されたものはなんでも食べる」
というスタイルにしていこうと思っております。

ま、実際、およばれすることなんて、
あまりないのだけれど。

マラソンに向けての練習

ということで、
11月5日の淀川市民マラソンに向けて練習をしております。

普段は、だいたい1キロ6分~6分30秒くらいのペースで、
9~11キロのコースを50分~1時間10分で走るのですが、
それではフルマラソンで4時間切りは目指せないので、
先週からちょっと頑張って走っております。

先週の平日はペースを5分30秒くらいにして10キロ、
土曜日は90分をゆっくり走り(LSDですね)、
日曜日は20キロをキロ6ペースで走りました(きつかった!)。

今週末はLSDで30キロを走る予定です。
というのも、フルマラソン練習の定石として、
レース前に1回は30キロ走るというのがあるのよね。
(去年も、へとへとになりながら走りました)

ということで、
実感として、ランニングが健康にいいのは、
1時間10キロまでだと思います。
それ以上は、体内的にも対外的にも、
どこか故障が出るのではないでしょうか。

知らんけど。

政治の季節

ということで、選挙らしいですね。

このブログは業務ブログなので、
そういうことについてはあえて触れませんが、
なんというか、もうね、最近は、
「顔」で選んじゃってもいいんじゃないかという気がしております。

確かに、
「顔」の美醜でソノヒトを判断しちゃいけないとは思いますが、
それとは別に、ソノヒトの人相というものは、
隠しきれない内面が溢れ出てきているものだと感じることが、
著名人に限らず、けっこうあるものね。

なんというか、
悪いことしていそうな輩は、確かに悪そうな顔しているし、
頭の悪そうなやつは・・・・、いいや、やめとこ。
とりあえずは、自分のカオも、
ときどきは、ちゃんと点検しなければならないですね。

そういえば、我が選挙区では、
お騒がせ娘の上西小百合氏が出馬しないということで、
ちょっと、つまらなくなったなあと個人的には残念です。
(若いっていいねって感じかな~)

ということで、
一般ピープルは仕事を頑張るのみです。

じっと、手をみる。

柿食えば

すっかり秋めいてきましたね。

自分は、朝食は果物しか食べないのですが、
スイカの季節が終わると、
ブドウが美味しい季節となり、
そして、朝食に柿が並ぶようになると、
これはもうしっかり秋になったという感じがするもので、
果物で、四季の移り変わりを感じております。
でも、年がら年中、
パイナップルはあるんだけれどね。
まあ、あれは輸入もんだから。

今朝は、5時に起き、
ブドウを何個か食べてから、
1時間ほど走り、
帰ってきてから、
パイナップル、リンゴ、柿、バナナを食べました。
今はお腹いっぱいですが、
10時頃にはお腹がすくのよね。

ということで、
リンゴの当たりはずれはなんとかならないものかしらね。
はずれのリンゴってなんか悲しいね。

駄目だ、年をとった!

先日、テレビを見ていたら、
山口百恵の息子が山口百恵の歌を歌っているのを見て、
はからずも感動してしまった。
あかん、年を取ってしまった。
ノスタルジーが心地よく、安穏する心持になってきたら、
もうオレも終わりかもしれない。

でも、自分の青春は80年代なのだけれど、
夢中になったアイドルというのは、
キャンディーズ、百恵ちゃん、郁恵ちゃんの3人で、
70年代なのよね。
(キャンディーズはランちゃん派でした)
ピンクレディーは男子より、
女子に人気があったんじゃないかな。
小学生的には多分そう。

80年代アイドルは世代的にはど真ん中なのだが、
中学にあがる頃には(81年春で中1)、
自分の感心は洋楽やニューミュージックに向かっていたので、
テレビのアイドルにはもう興味がなかったのよね。
やっぱ、自分にとってのテレビといえば70年代、
カックラキン大放送とか、見ごろ食べごろ笑いごろとか、
ドリフターズとか、ザ・ベストテンとか、そういうの。

で、百恵ちゃん、
改めて見るとやっぱすごいね。圧倒的だね。
当時も、ジュリーと山口百恵は別格だったような記憶があるが、
これは、やっぱ、ものが違いますね。



ちなみに、
百恵ちゃんでは「乙女座 宮」が一番好きでした。

で、今、娘は「嵐」に夢中です。

心がオバサンになっても

どうでもいいハナシ

森高千里じゃありませんが、
最近、とみに自分がオバサン化しているような気がします。
ただ、人は誰しも年を取れば多少中性化していくのかもしれず、
正真正銘のオジサンになるよりは多少オバサン化する方がいいとも思う、
今日この頃です。

例えば、最近は、読む本といえば、角田光代にはまっていて、
エッセイなどを読めば、
「うん、そーだ、そーだ。ガハハハ」と共感することしきり、
逆に、男性作家の書くものはどうも理屈っぽく、
鼻について読みづらくなってきたような気がします(故人は別ですが)。
なにかしらね、この変化は。

なにかと体もオバサン化してきて、
常にダイエットをしているし、冷え性だし、
その上、ルックスまで中性化したら嫌だと思い、
男にも更年期があるらしいので、
意識して肉を食べるようにしているのだけれど、
今のところは、見た目はしっかりオジサンしているので、
まだまだ大丈夫だと思います(何が?)。

なので、
ベジタリアンにはなりません。
毎日、にくにくしく肉を食っております。

ということで、次の正月休みに
久しぶりに角田光代バージョンの源氏物語を読む予定にしております。
(ちなみに今までの源氏では円地文子が好きです)

国文バンザイ!

おじさんバスター

どうでもいいハナシ

インスタグラムの世界は、まだ比較的平和らしい。
なんでも、おじさん連中がまだ参加していないからだということだが、
なんとも肯けるハナシだ。

ということで、
若者よ、前へ進め、
おじさんがどうやっても追い付けないくらいに

おじさんよ、
我らの時代はもう終わっている
つつしみましょう

そういえば、
もうすぐ細野晴臣の新譜が出るな~、
秋には佐野元春のビルボードがあるし、
年末は、友達と清水ミチコの武道館も行くし、
(おじさんのくせにサチモスとか聴かないようにね)

いつも、どこか足が痛いのだ

秋のフルマラソンに向け、
日々、ジョギングに勤しんでいるのだけれど、
なにか、いつもどこか足が痛くて、
調子が上がりません。
痛くなければ、いつまでも走るのにな~。

最近のBGMは、
例によって例のごとくですが、
80年代の音楽が多いです。
やっぱ、おじさんが気分をあげるのには、
80年代に心を戻すのが一番手っ取り早いからね。

この間、「最近、戸川純を聴いている」と書きましたが、
自分にとって80年代によく聴いた女性アーティストといえば、
松田聖子と戸川純だなと、最近、しみじみ思います。
(特に高校生の頃よく聴いていました)
というか、
バンドのベースとそのお姉ちゃんがめちゃくちゃ好きだったので、
その影響をもろに受けていたにすぎないのだけれどね。

ということで、
今年は、ちゃんと走れるかな~

小学生と携帯 おじさんとPC

子どもが「携帯がほしい」というようになってきた。
確かに、一人歩きさせる機会も増えたし、
こちらも「携帯を持たせたい」と思うこともあって、
前向きに考えてはいるが、
どうも難しいね、こういうのは。

自分なんて、
「今日は完全にオフだ」と決めた日は、
迷わず携帯をシャットアウトするのだが。
まあ、これから人生が始まろうとしている者と、
そろそろ人生も終わりに近づいてきた者との違いか。

自分はガラケー主義者なので、
Jアラートなるものとも無縁なのですが、
それでも食卓の上に置かれた奥さんのスマホが「ピロロン」となるたびに、
ドキっとしてしまいます。
もうね、四六時中「ピロロン」となっているのよ。

なんかね、昨今のご時世、
自分もスマホにした方がいいかと考えないわけではありませんが、
世間と四六時中繋がっているなんて耐えられない。
デスクに置かれたPCぐらいがちょうどいい。
そのPCも、最近は、
ヤフーニュース的なものを目にするのも苦痛になってきて、
パソコンのトップ画面をグーグルの検索画面にしております。
だいたいお気に入りサイトをチェックするくらいだし。

もうね、静かに、そっと暮らさせてほしい

クレームはヒトを怖くさせる

さっき、事務所の近辺のあるところで、
順番待ちをしていたら、
自分の一つ後ろに並んでいる女性が、
自分の肩越しに、
「なに、もたもたしてんねん」とクレームをつけだしたので、
びっくりしてしまいました。
(別に、窓口はそんなにもたもたしているわけではなかった)

いや、なんというか、
クレームをつけている人の醸し出している空気というのは、
なんとも怖いものですね。
自分は、元航空業界のクレーム担当ということもあり、
自分からクレームをいうことはほぼないのですが、
(年に1回くらい、小さなクレームはあるかもしれない)
人の振り見て我が振り直せではないですが、
気を付けなければならないと思いました。

いや、もうね、
ほんと
オニかと思った。

怖かったよ~

ギャンブルとゲーム カジノと麻雀

先日、大学時代のバンドのメンバーから、
ノーレート麻雀(賭けない麻雀)を打ってきたハナシを聞いて、
そういう時代になったのかと思いました。

学生時代は、代々木や高田馬場のフリー雀荘に、
その友人と一緒にうちに行って、
なけなしの金を失ったり、
つかの間のあぶく銭を掴んだものだが、
あれから、20年以上も経ち、お互い、
「稼ぐのなら働いた方が早い」という立場になり、
そしてなにより、
「別にいまさら欲しいものもない」という年齢になり、
今あえて、麻雀するならば、
ギャンブルとしての麻雀よりも、
ゲームとしての麻雀の方が楽しめることになってしまったのですね。
昔、西武の堤氏とかが賭けない麻雀をうっているという本を読んで、
「本物の金持ちは違うな~」と思ったものですが、
まあ、それほど、麻雀がゲームとして、
よくでてきているということでもありますね。
そのハナシをきいて、
もう、20年は牌を握っていないけれど、
また麻雀をしてみてもいいなあと思いました。
(自分はサンマ―の時代とともに麻雀をしなくなりました)

カジノは結局、
ヨクバリなヒトたちのインチキなハナシなんでしょ。
まあ、大阪人としての教訓として、
〇〇の言っていたことは、
たいてい間違っていたということだけで、
このハナシはいいんじゃないでしょうかね。

季節の変わり目

今日、朝ランしたのですが、
なんともすがすがしい朝で、
季節が夏から秋に変わるのを感じました。

今年のフル(淀川市民マラソン)まで、もう、あと2ヶ月。

この1か月はあまり走れなかったので、
また一から筋肉をつけて、肺を作らなければね。

グルテンフリー生活 1か月感想

どうでもいいハナシ

意を決し、
グルテンフリー生活に入ってから1か月経ちました。
グルテンフリーとは、つまり小麦製品を食べない生活なのですが、
1か月目の1番の感想としては、とりあえず、
「小麦食べなくても、全然、ヘーキ」というものです。
もともとパンよりもごはん、うどんよりもそばというタイプだったので、
特に何かを我慢しているという感覚は全然ありません。

で、ダイエット的に効果があるかといえば、
個人的には「あるようにはできる」と思っております。
というのも、同じカロリー分だけ食べれば、
米であろうと、小麦であろうと痩せることはないと思うのですが、
具体的に、グルテンフリー生活では、デザートのチョイスが、
どうしてもローカロリーなものになっていくため、
(例えば、ロールケーキがコーヒーゼリーになる)
自然とカロリーが抑えられるという循環となるので、
意識することでダイエットに向くのかもしれません。
(別にそれはグルテンフリーの特性ではないけれども)

あとは、空腹を耐えられるようになるのは、
「それいわれてみれば、そうかもしれない」というのが実感です。
夕方、小腹が空いたとき、晩飯まで待てる確率が高くなっております。
そういう意味でも、ある程度、意思をコントロールできる方には、
ダイエットとしても効果的なのではないのでしょうか。
(やはり、それはグルテンフリーの特性ではないですね)

まあ、正直、自分は太ってないのでよくわかりません。
(現在は、177cm、69キロ。BMI的にジャストくらい)

あとは、「2週間感想」にも書いたけれど、
乾燥肌がよくなっているのは実感は継続しております。
(乾燥肌がよくなったというより、肌に油分が戻ってきたという実感がある)
女子的には、化粧ののりがよくなるとかそういうのがあるのでしょうが、
おっさん的には、カユミがなくなったのが嬉しいです。
それが夏の湿気が原因なのかはやはり不明ですが、
このまま乾燥の冬を待ちましょう。

あと、よく言われる、
「疲れにくくなる」というのはまだ実感としてはよくわかりません。
そういわれればそうかもしれないが、
そうじゃないかといわれればそうじゃないかもしれないくらいの感じ。

あと、これは気のせいかもしれないけれど、
以前より、判断の記憶が鮮明になった気がするですがどうかな?
例えば、事務所からの帰り道、「電気消したかな?」と迷って、
もう一度、確かめに事務所に戻ることがなくなりました。
これは、グルテンフリーの効果なのか、
その他の要因があるのか不明ですが、
自分にとっては、嬉しい変化です。
(個人的には、一番、注目している論点であります)

ということで、今のところは、
「乾燥肌」でお悩みのヒトにはいいのかなといったところですが、
まだしばらくグルテンフリー生活を続けようと思っております。
(禁煙と一緒で、グルテンフリーにしてこれまで悪いことは一つもありません)

追記、
グルテンフリーといっても、自分の場合は、
調味料などの成分としての小麦は気にしないことにしています。
今、一番悩んでいるのが、ハイボールをどうするかです。
ビールは麦そのものなのでアウトだとしても、
ウィスキーは蒸留しているのでいいのかなとも思うのですが、
如何でしょうか?
(グルテンフリーな方、教えて下さい)

もう一つ、自分はグルテンフリー製品は食べません。
概念としてそういうの嫌いなんです、
ノン・アルコールビールとか、
カロリーゼロのなんとかというのもマユツバに思っております。

まあ、そんなこんなの毎日です。
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市