グルテンフリーは乾燥肌には効果があると思う説

グルテンフリー生活も半年を過ぎたということで、
簡単に総括すると、
自分にとっては乾燥肌にはよかったみたいです。
結局、1か月目の感想とほぼ変わりませんが、
乾燥肌に関しては、確実に変化がありました。
その他のことはわかりません。

だって、毎年、この季節になると、
足のすねや背中を掻きむしって血だらけになっていたのに、
まったくカユミがなくなったのです。
これはめでたい。
よく眠れるし。
結局、自分もアレルギー体質だったのかしらね。
シリアスなやつではないにしろ、

ということで、
乾燥肌でお悩みの方は試してみる価値あると思います。
ちなみに自分は、
それほど厳密にグルテンフリーにしたわけではなく、
目に見えない小麦は全然気にしなかったし、
目に見えてもカラあげやテンプラぐらいはフツーに食べていたけれど、
1、2ヶ月で効果が感じられましたよ。

ではでは
スポンサーサイト

ワードプレス雑感

今年になってなかなかブログを更新していませんが、
それというのも、ワードプレスに悪戦苦闘しているからです。
なかなか難しい。
あんまり、ブログには意味のあることは書いていないんだから、
やはり、普通のブログでいいのかな。

でも、サイトはやはりワードプレスで展開していこうと思っており、
なかなかブログを書く方まで手が回らないのです。

最近のことといえば、もうね、寒いに尽きるね。
なかなか、このトンネルは長そうです。
もうね、走っていませんよ。
こんなに寒いとね。

たるんできちゃった

寒いね~

ということで、
今週は寒かったですね。
実は、地球は温暖化ではなく、寒冷化しているとのこと。
「結構、そうかもしれない」と思っちゃいますね。

千里山の町も今日は雪景色です。
こう寒いとランニングもさぼりがちです。

冬来たりなば春遠からじ

早く春にならないかしらね。

この週末の塞翁が馬

この先週、
一気に寒気に襲われたかと思うと、
金曜日の夕方に体がダウンし、
一時は38.5度まで熱が上がり、
土、日とベッドに入って過ごしましたが、
今日の明け方には平熱で安定し、
何事もなかったように通常業務に戻りました。
自堕落になりがちな自営業者とはいえども、
さすが、元サラリーマンです。
(ちなみにただの風邪だということでした)

で、日曜日の朝に、
ipadのラジコで「にち天」を聴こうと思いましたが、
Wi-Fiの調子が悪いので、諦めて、
何気にテレビをつけて、ザッピングをしていたら、
画家の青木繁の特集をやっていたのを見て、
いまさらながらに感銘を受けました。
絵というのも、今までずっと興味はありながらも、
自分の中に確信的な価値を見出せなかったのですが、
やはり凄いものは凄い。
そのあとの熊谷守一の特集もとても興味深かったです。
このブログの前記事のジャズの件とおなじように、
年はとるものだということなのでしょうね。
若い頃にはわからないこともある。
若い頃にわからないことは、
若い頃にはわからなくてもよいと思うけれども、

ということで、これも、
寝込まなかったら気づかなかったことだと思うので、
風邪で寝込むのも、またよしということですね。

もう復活しました。

寒くなりました

ということで、
もう年末ですね。

皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

犬の散歩ウィーク

今週は、犬の散歩ばかりしていました。

というのも、
同じ町内にすむ友人(中高の同級生)が
旅行をする間の犬の世話を頼まれたのですが、
他所の家の犬を散歩するのは、
自分の犬を散歩するのとは勝手が違って、
なかなか難しいものです。

うちの犬は、ジャック・ラッセル・テリアで、
かなりやんちゃで力も強いのですが、
それでも小型犬は小型犬。
体重が6キロぐらいなので、
いざとなれば、ぐいと持ち上げて、
引き寄せることができます。
ちょーかわいーです。

でも、友達の犬は、柴とビーグルで、
どちらも15キロくらいなので、
なかなかそういうわけにはいきません。
特に、ビーグルは匂いへの執着がすごく、
一度、匂いにロックオンすると、
なかなか動いてくれなくて大変です。
他所の家の玄関前で、
うかつにチーチとかされたら悪いし。

ということで、
犬の匂いのとれない1週間でした。
(まだ、明日1日あるけど)

文庫本のハナシ

出版社の社長さんが、
「図書館があるから文庫本が売れない」と言っていたが、
「そうなのかな?」と思います。
というか、文庫本が500円以上したら、
気軽に買えないじゃんね。
(ちくま文庫とかはいいかもしれんが)
以前、角田光代のエッセイで読んだことですが、
ハードカバーから文庫本という順序よりも、
ハードカバーは、CDでいうデラックス・エディションみたいに位置づけて、
まずは文庫本を出せばいいのにと思います。

というか、正直、個人的には、
もうこのところ、ずっと本棚を整理していて、
「もう読まないよな」という本を、
随時、百冊単位で処分しているのだ。
どくとるマンボウもムツゴロウシリーズも全部捨てた。
ゴルゴ13シリーズも美味しんぼも全部捨てた。
でも、何故かクッキング・パパは捨てられませんでした。
(それもまた不思議なハナシですが)

捨てられない本というのはなかなか少ないもので、
ブックオフにいけばあるだろうという本は、
とくに断捨離の対象になります。
なので村上龍も、宮本輝も全部捨てました。
(綺麗なものは図書館に寄贈した)
春樹も「ダンス×3」と「ねじまき鳥」以外は捨てました。
無論、椎名誠も中嶋らもも全部捨てました。
(野田知佑は何冊か残しました)
でも、もちろん、国文学科卒業なので、
古典と明治大正の文豪ものは捨てずに残しております。

洋物では、
青春時代に買ったビート関係の本は捨てられないかな。
はじめて取り寄せたジャック・ケルアックの「路上」とか、
アラン・ギンズバーグの「吠える」とか、
バロウズの「裸のランチ」とか、
その他、「マルコムX自伝」とかそういうの

ということで、
最近は「ものを増やしたくないなあ」ということもあり、
ibookとかそういうので買うのもいいと思っております。

本人確認は難しい

久しぶりに仕事的なハナシ

弁護士まで騙されたのか
——不動産詐欺事件の最高裁判断で問われる役割

https://www.businessinsider.jp/post-107419

なかなか難しいハナシですね。

うちの事務所は基本的には、
近所のヒトからの依頼がほとんどなので、
あまり怪しい仕事はないのだが、
ときどき「これはどうだろうな~?」と訝しく思うときは、
かなり厳しい本人確認をお願いして、
結局、断られるということもあります。
(断るように仕向けるといってもいい)

それにしても、大阪では、
司法書士が売りと買いに分かれることは多いのだが、
(基本、わかれる)
買いの司法書士として立会に臨むとき、
売りの司法書士が準備した書類をチェックはするが、
売主の本人確認までするのかどうかは、
復代理で申請する場合は別にして、
なかなか難しい問題である。

ただ、自分が売主側の司法書士の場合は、
印鑑証明書等の必要な情報の他、
本人確認に必要な情報を事前に連絡するが、
そうした場合、逆に、相手方は、
「ありがたいのか、有難迷惑なのか」
なかなかわからないもので、
「それはそっちの仕事でしょ」と思うセンセも、
中にはいるのかなと思うと、
やはり難しい問題ですね。

まあ、とにかく、本人確認は大切なので、
自分が、客の立場である場合も、
快く本人確認に応じるように心がけております。

10年目の掃除

この事務所を開業して10年が経つ。
つまりオープンした頃はまだ30代(39)だったのに、
来年には50歳になるのだ。
まさに、光陰矢の如し。
敷金をおまけしてもらうため、
前のテナントが残していったゴミを片付けることから始まったのだ。

20081222175444.jpg

よかったのは、
パソコンとプリンターを除けば、
事務所を開いたときに揃えた備品がまだ使えていること。
特に不都合で買い替える必要もなく、
余計なものを買ったようなこともありませんでした。

でも、この夏のある日、
一度、急に事務所を訪れた年配の相談者に
「事務所が汚い」、
「君の風体も信用できない」と諭され、
これまでは「自分のスタイルはこうだから」と馬耳東風でしたが、
やはり「このままではいけない」と思い直し、
今は、日々、事務所のスタイルを変えるべく試行錯誤しております。
服装も、できるだけネクタイをするようにしました。
(普段はしませんが、来客があるときは)

そのせいか、
ここ数年、週末事務所に来るのが億劫に思っていましたが、
最近は、週末も事務所に出てきて、
相談者側の席に座り、事務所を見まわし、
改善点がないか見まわしております。

で、先週、フルマラソンを終えて、
デスクや本棚の配置換えをしようとしたら、
また、腰をやっちゃいました。
今、腰が曲がっています。

さてさて、そんなこんなで
50代、どんな風にやっていきたいのか、
いろいろと考えるのが、楽しい、この秋です。
この10年は、事務所を開く前に、
なんとなく思い描いていた形にはなったかなと思うのだけれど、
来年から、また新たなスタートだなと思っております。

カジノでトランプ コインでビット

自分はギャンブルをまったくしないので、
個人的にはほぼほぼ興味がないのだが、
数年後の東京オリンピックを前に、
急ピッチに、ここ大阪でも、
パチンコからカジノへの意向が進められているらしいですね。
パチンコ屋のネオンがなくなるのは好ましいと思うのですが、
カジノって、モリカケ以上に大きな利権にまみれてそうで、
あらかじめうんざりしちゃいます。
でも、世間的には利権が大きすぎて、
モリカケ以上にスルーされるんでしょう、きっと。
やっぱ日本のカジノではトランプが多く使われるのかしら。

というのも、行政書士的には、
パチンコ屋の許認可って、
ほぼ警察OBの行政書士が独占しているらしく、
一見の書士が申請したら、なにかと圧力があるらしいのだが、
(という都市伝説があるのよね。実際は知らんけど)
まあ、カジノの許認可なんて一般的にすることはにのだろうけれど、
そのあたり、業界的にどうなるのか、少しだけ興味があります。

でも、実際、カジノ化は着実に進んでるんだろうね。
最近、やたらとビットコインをプッシュしてくるのも、
そのあたり、広告代理店が仕掛けているんじゃないのかしら。
知らんけど。

ということで、
元バックパッカーとしては、
日本に外国の旅行客が増えているのって、
日本が相対的に弱くなって、
ただ発展途上国化しているだけじゃないと思うのだが、
まあ、よくわかりません。

でも、最近、
プリペイド式の支払方法が充実してきて、
カードを使わずネットで決済できるようになったのはいいですね。

何にしろ、良いことも悪いこともです。
いずれにせよカモられないよう慎重に取捨選択しましょう。

生活のモチベーション

ということで、
佐野元春の3月の大阪フェス予約完了しました。
まあ、漏れることはあるまいが、
大阪フェスはソールドアウトするから、ちょい心配。
嬉しいことだけれどね。
ということで、
3月まで頑張れるモチベーションが湧きました。
(年末の清水みちこも楽しみです)

最近というか、
来年、50歳を迎えるにあたり、
「もう1本だけギターが欲しい病」に掛かっております。
ターゲットはずばりギルドのD-40C



これね
実は、昔持っていたのだけれど、
無職の頃(司法書士の受験生だったころ)
お金がなくなって売っちゃったのね。
それをなんとか買い戻したい。

大阪にいい状態の出ないかしらね。

佐野元春 2017 ビルボード大阪 Smoke&Blue 参戦記

ということで、
昨夜は、ものすご~く久しぶりに夜の街に繰り出しました。
家で晩御飯を食べてから行ったので、
「繰り出した」感がぐっと下がりますが、
とにかく西梅田のビルボードに行ってきました。

参戦したのは大阪3日目の2部(大阪最終公演)。
関テレのおじさんアナの知った顔がワイワイと楽しんでおり、
思わず、MBS勢を探しましたが、
今日は西さんも上泉さんもいませんでした。
(関西のおじさんアナの元春ファン率は相当なものだと思います)

ビルボードライブも5シーズン目になり、
こちらも、ビルボードのゴージャスな雰囲気にもだいぶ慣れたかな。
以前は高校時代の友達を誘ってきましたが、
「昔ファンだった」層には、馴染みの曲が少なく、
今回はやはり1人で来ることにしました。

まだ名古屋、東京と続くので、
セットリストについては言及しないようにしますが、
最後の1曲だけで個人的には大満足でした。
あの曲の間、心の中の自分が学生服姿に変わっていたもの。

いつも、ビルボードに来るたびに、
年を取るのも悪くないなあと思うし、
いつか、娘と一緒に来たいなあと思うのですが、
やっぱ娘は退屈するでしょうね。
キャリアのある人の良さや凄さは
若い頃、若い人には知り得ないものだからね。
まあ、若い人は年長者に批判的なくらいでいいんだけれど、
おじさんたちにはあれでないとダメなのよね。

ということで、
次は、また来年、3月の大阪フェスですね。
(1月のライブ上映会もあるけれど)
そうそう、ラス前の曲は、
コヨーテバンドで演ってほしかったな~と思いました。

ガラケー主義者の選択

ということで、
自分はガラケー主義者なのですが、
今のケータイのバッテリーがだいぶあやしくなってきたので、
機種変更をしようと検討しているのですが、
やはり、昨今の時代、スマホにすべきかどうか悩むところ。
それで、とりあえず、ipod touch を買ってきて、
「あーでもない、こーでもない」としております。

ひとまず、ラインに仮名で登録しましたので、
(FBに実名で登録すると面倒臭いことになるから)
電話番号経由で通知が言った皆さん、
「たのきゅ~」さんは決してあやしい人ではありませんので、
よろしくお願いします。

171109_091235.jpg

ということで、来春まで使ってみて、
これで事足りたら、次もガラケーにします。

今日も雨か

今日も雨ですね。

今回は、レースの前に全然走ることができなかったので、
もう観念しました。楽しんで、ゆっくり走ります。

とりあえず、本番は晴れて欲しいものです。

ボートはボート、セージはセージ

自分は司法書士会と行政書士会に所属しているのですが、
司法書士会からはお電話で、行政書士会からはハガキで、
「自民党を応援してね」という連絡がありました。

誤解があるといけないので説明するけど、
別に各会から公式な連絡があったのではなく、
というのも、どちらの団体にも政治連盟があって、
自らの団体に有利なような活動をしているのだが、
自分はどちらにも登録をしているので、
別に行政書士が登記をしようと、
司法書士が契約書や遺言書を作ろうと、
(利用する客が納得して依頼しているのであれば)
別にどうでもいいという立場で、
「政治団体なんてやだな」と思っているのですが、
こうも露骨に特定の政党を応援するのには、
それがヨトーであろうとヤトーであろうと、
やはり違和感を持ちざるをえません。
むにゃむにゃ

ちなみに、
司法書士は法務省の系列で、
行政書士は総務省の系列でちょっと違うのよね。
どちらもどちらをよく思っていないのですが。
まあ「どうでもいいですよ」的なハナシであります。

ということで、
うちの事務所も今年で10年目。
なかなか、頑張っているのではないでしょうかね。
決して、儲かってはいませんが、今日も頑張ろう!
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市