タメにするための読書はそれほどタメにはならない

僕は、今でこそ、仕事関係以外の本を読むことは、ほぼなくなりましたが、

それでも、読んだ本の数、ページだけいえば、おそらく、

普通のヒトが一生かかっても読めないくらいの量の本を読んできたんじゃないかな

と自負できるくらい、10代、20代は本の虫でした

んで、

この歳になって、まわりのヒトがどんな本を読んでいるのか注意してみていると、

自己啓発、自己研鑽や、あるいは、流行のビジネス書(勝間さんのとか)など、
(あるいは、スピリチュアルなものとか)

「タメになる本」がけっこう読まれていることに、ちょいびっくり

それで、「そういうものなのかな~」と思い、

事務所を開業するときに、ちょっとだけ読んでみましたが、

やはり僕には向いていなかったのか、もうすっかり興味がなくなりました

例えば、スタイベックの「怒りの葡萄」を一所懸命読んだあとに残る寂寥感や、

「カラマーゾフの兄弟」を一気に読んで思う読書の醍醐味というのは、

ああいう本を読んでいるヒトたちにはわからないのだろうなと思っちゃうのですが、

読書に対して求めているものが違うんだろうね、きっと

ということで、

「タメにするための読書はそれほどタメにはならない」というのが僕の持論です

(タメになったのなら、もっと立派なヒトになっているハズだし~)

いずれにせよ、今は、あまり読書生活をしておらず、

昔は、大江健三郎の「見る前に跳べ」的に、すぐに行動を起こすタイプだったのですが、

今は、「考える前に寝ろ」とばかり、お気楽なおじさん街道まっしぐらです

最近は、「クッキング・パパ」ばかり読んで、料理の研究に余念がありません

まことくんって、もう大学生になったんだね~

僕も年をとるわけだ

(72.6)

スポンサーサイト

休みの日なので

(今日は自宅のネットブックから)

この連休はかなりゆっくりできました

明日から、年内、みっちりと働きますので、どしどし仕事ください

さて、

映画「プール」は、タイの田舎が舞台でしたが、

同じような雰囲気の町というと、

中国は雲南省の西双版納(シーサンパンナ)というタイ族系の少数民族の町で

暫く沈没(安宿で、何もせず、ただボケ~とすること)していたことを懐かしく思い出します

まったりとして、なかなか良い雰囲気でしたよ → 雲南旅行のHP

雲南省の中心・昆明は、最近、陸上選手のトレーニングで有名になりましたが、

陸でベトナムにも抜けられるし(たぶん今でも)、

観光スポットの桂林へもアクセスがいいので、
(僕も、昆明から桂林、広州、香港、そしてネパールへ飛ぶ、というルートでした)

中国旅行の基点にしたり、

長い旅の途中に寄るのもいいかもしれません

さて、

僕が、映画を見終わってから印象に残ったのは、

主人公たる小林聡美が、娘とタイ鍋を囲みながら(トムヤンクンかしら)、

「あのとき自分がそうしたいと思ったから、そうしたの」というセリフでした

確かに、僕も最初の仕事を辞めて、長い旅に出たときは、

そんなことをずっと考えていたような気がします

でも、もう、今では、誰しもそうかもしれませんが、

自分自身のことは、自分にとって、それほど大切ではなくなってしまったような気もします

それがどうなのか(良いのか悪いのか)、よくわかりませんけれどね。

でも、やっぱり、ハワイ製のウクレレは欲しいかな~、あとギブソンのアコギが・・・(そればっか)

(72.6)

久しぶりの映画館

20090921153912

映画館で映画を観たのって何年ぶりだろうっというくらい久しぶりでしたが、

連休ということで、なんばパークスに映画を観に行きました

やはり、映画館は映画館で趣があって、なかなかいいものですね

まだ上映中なので、映画評はやめておきますが、

僕は、

ハリウッド的なゴージャスな映画よりも、ヨーロッパ系の映画の方が、

シリアスな映画よりも、ユニークな映画の方が、

雑然とした映画よりも、画像の綺麗な映画の方が好きなので、

なかなか、よかったのではないかと思います

「かもめ食堂」もそうだったけれど、映画の後は、タイ料理が食べたくなってしまいました

僕は、映画(小説も同様)の中で食事をするシーンというのは、特に好きなのです

逆に言えば、あとになって思い出す映画の印象って、食事のシーンばかりですね

特に食が太いわけではないんですけど、

でも、年をとると、美味しいものを食べることがジンセイのシアワセみたいになってきますからね
(もう、だいぶ年をとっちゃったからな~)

あと、

ヤワラちゃんて20年くらいしたら、もたいまさこさんみたいになるんだろうなと思いました

また、面白い映画があったら教えてください

(73.0、お~、しまった!)

今日はお勉強

やっぱり、僕って真面目だな~

今日も、朝もはよから事務所に出て、お掃除と書類の整理

そして、これから、来年からの新しい仕事に向けてのお勉強です

不動産業者や銀行にアテのない僕は

代ゼミのモグリ受講生だった浪人時代のように

「日々是勉強」(そんな標語あったよね)の毎日というわけです

いくら資格があっても、個人事業主なんて、仕事がなければ即無職になるんだから、

当たり前といえば、当たり前のことだけれどね

まあ、いずれにせよ

気持ちは、もう来年の春に飛んでいる、今日、この頃

「はーるよこい、はーやくこい」ですね

(72.8)

金曜日の午後八時、事務所でBEN FOLDSを聞いているのだ

う~、

やっと終わった(明日の相談も終わらせた)

連休前にやることはすべて終わった

ということで、

今は、事務所ですが、BEN FOLDSを聞きながら、第3のビールを飲んでいます

BEN いいな~

BEN ものすごくいいよ~

僕は、BEN FOLDS 大好きだね 盛り上がるね

う~、

大丈夫、なんとかなるさ

前にも書いたと思うけれど、

「シゴトには流れというものがあるのだな」っと最近、つくづく思います

というのも、今月に入ってから、

相続、遺言、遺贈関係の相談・依頼が連日続いているんです

先月までは、月に2、3件(相談だけは除く)ぐらいだったんですけどね。

逆に、9月は、債務整理の新規の受任はゼロ(シクシク)

まあ、来年からの業務の比重を考えれば、

いい感じでシフトしていっているのかなっとも思いますが、

どうなることやら

(72.4)

マイク、元気~

20090917105751

(今回は完全なる私信です)

マイク、元気にしてるか~

昨日は、カナの誕生日だったらしく、ごきげんそうだったよ

ほんと、いつも元気だね、君のヨメは

んじゃ、またね~

【登場人物】
マイク‥僕の大学時代の友達
カナ‥そのヨメ(僕のいとこ、ちなみにドント&ノット監督フナビキアキの姉)

これでいいのか? これでいいのだ

僕は、潰瘍性大腸炎なので、

ステロイド治療をしているんですが(だいぶ量が少なくなってはいるんだけれど)、

そのためか、夕方になると、頭よりも先に身体の疲れが出て、

集中力がなくなってしまいます

ということで、画期的、事務所改革として、

新しくシエスタ制度を導入することにしました

というのも、

昨日、自宅のアウトドア用棚を見ていたら、いいものを発見したのです

20090914084607.jpg

これは、だいぶ前に、梅田丸ビルのLL BEANの在庫処分で、

たしか2,000円くらいで購入したアウトドア用の簡易ベッドです

開けると、こうなります
20090914084802.jpg
(おー、すばらしい)

これで、シエスタ制度を導入すれば、集中力もアップすること間違いない(たぶん)

でも、これ、アメリカ製だからか、組み立てるのに、かなり力がいるので(女性では絶対無理)、

畳んだり、組み立てたりするのも結構大変なのだ

このまま、壁に立てかけておくのも、どうかと思うのだが、

どうしようね

それにしても、この方向性でいいのかしら?

とも、少し不安もある、今日この頃なのでした

(72.6)

マニアな心理

(ぜんぜんどうでもいいハナシ)

最近、ビートルズの新しいリミックス盤が出て、ちょっとしたニュースになっているのだが、
僕は、自称ビートルマニアだけれども、そこまでではない

今は、ipodで音楽を聴くことが多いけれど、普通にCDで聞くよりも音質的には落ちますよね
(リミッターがかかるのか、カットされている音域、周波数が相当幅あるように感じる)

でも、はっきりいって、それで充分だし、
ご機嫌なロックンロールを聴くのに、音質もへったくれもないと思う
(とはいっても、リボルバーとサージャントペッパーには少し興味はある)

それよりも、ギターとウクレレを、あと一本ずつ欲しいと思う秋の夜なのです
(夜な夜な、「楽器は一本ずつ全然音が違うよね~」、と奥さんに呟いています)

(72.6)

お客様は、お客様です

もう9月か~

ということは、事務所をはじめて1年半になるのか~

普通のヒトよりもテンションは低めだけれど、

まあまあ、ちゃんと頑張ってるんじゃないかな(たぶん)

さて、

自分で事務所をはじめて、つくづく思うのは、

やはり「依頼者との信頼関係が一番大切だな」ということ

うちの事務所は、十中八九、このブログとHPを見て連絡をくれるので、

自然、フランクなヒトが多く、あまり堅苦しいタイプのヒトが依頼してくることはない

なので、この1年半で、途中で辞任したのは1件だけで、

それは、「過払い」の相談ってやってきて、

引き直し計算の結果、債務が残ったら怒ってしまったというケースでした

まあ、気持ちはわかるんだけれどね、気持ちは
(でも、誰が計算しても結果は変わらないんだけどね)

逆に、

僕が怒るというか、不愉快になることも、ときどきはある

なんといっても、土曜日の無料相談の予約をしていながら、

ブッチされた(これは、かなり、なつかしい表現だ。今もそういうのだろうか?)ときは、ムカツク

その場合、他の相談を断っていることもあるし、

そもそも、僕だってほんとは土曜日の朝くらいゆっくりしたいのだ

さて、

お客様は神様なのだろうかと、ときどき考える

やっぱり、神様なのだろうなとも思う

けれど、

そうはいっても、お客様はお客様でしかないような気持ちも、どこかにある

まあ、ここは僕の事務所なので僕の好きなようにしていくまでなんだけれどね

(72.8)

若いということ

最近、裁判所で会う弁護士さんがガラッと若くなったような気がする

司法修習が終わって、就職というシーズンなのかな

それにしても、若いうちから弁護士という花形の職業に就いたからか、

40過ぎたおっさん目線から見て、いろいろと

「ちょっと恥ずかしいな~」という仕草や物言いが鼻につきます

昨日は、書記官も、西洋人のように肩をあげて、苦笑いしていました

という僕も、

若い時分は、かなり傍若無人に振る舞い、

多くの人に迷惑をかけ、

不愉快な思いをさせていたクチなので、

彼等に対する言葉は、「若いっていいな」というくらいですが、

でも、「ああいう若いのを雇うって大変だろうな」としみじみ思います

まあ、でも、「恥ずかしい若者」の方が、「無礼なおっさん」より全然いいと思いますけどね

(72.6)

自転車に乗る人は保険かけといてね

(たまには役に立つハナシを)

法律が改正になってから、大阪でも最近車道を走る自転車が増えていますが、

あれって、やっぱり、結構、危ないですよね

特に、交差点になれば、いきなり歩行者の立場になるなど、

予測できない行動を取られるとドキッとします

では歩道を自転車が走ればいいのかということになると、

それは厳密にいえば法律違反となり、悩ましいところです

最近、うちの事務所に実際に相談があったのは、

車道を走っていて自動車の間をすり抜けようとして、コスってしまったという案件と、

歩道を走っていると、お年寄りとぶつかりそうになったら、相手がコケてしまったという件、

そして、さらなる問題は、保険をかけていないので、全額請求されているということ

今、「自転車保険」で検索してみると、数千円の掛け金で保険に入れるようですので、

日常生活で自転車にのるヒトは、保険に入っておくことをオススメします

それと、音楽聴きながら乗らないでね(もちろん携帯電話もダメですよ)

(72.6)

他人の気持ちはワカラナイ

最近、忙しくて、よく「疲れた」と泣き言を書いていますが、

僕の場合、疲れたといっても、ただだるくなるだけで、その他の症状が出るわけではありません

恥ずかしいハナシ、頭痛というのは二日酔い以外のときには経験がないし、

生まれてこの方、肩がこったこともないんです

だから、頭痛や肩こりの薬がたくさんあり、あれだけテレビのCMで流されているということは、

世の中には頭痛持ちや、肩こりのヒトがたくさんいるのだろうけれど、

僕には気持ちがよくわからないんです(悪いとは思うけれど)

あと、最近、特に思うのだけれど、「眠れない」ということがよくわかりません

こんな僕も、昔はけっこう気難しく、あれやこれやとをいろんなことを考えて、

眠れぬ夜を過ごしたものですが、今はまったくその面影すらありません

奥さん曰く、「おやすみ」の「み」と同時に寝ているらしい

そのうえ、難しいことを考えなくなったからかどうかわからないけれど、

面白い夢を見て、自分の笑い声で起きてしまうことがよくある(季節に1回くらいある)

それが、ホントにけっこう面白くて、夜中で僕もテンションがあがっているから、

奥さんを起こして、面白い夢を見たことを教えてあげるんだけれど、

もちろん無視されちゃいます(面白いのにさ)

そんなこんなで、僕は年をとって、随分とラクになりました

さあ、今日も頑張ってシゴトしよ

(72.8)

法律系もそうなるのだろうね

イオンが介護だけじゃなく、葬儀業界にも参入したということ

おそらく、業界は大変なのじゃないかな~(でも、いいことだ)

おそらく、われらが業界も、

今の「過払いブーム」でCMや広告を出している事務所が資力を溜め込んで、

コンビニみたいな手軽さの法律事務所を全国チェーンしてくのだろうなっと思うが、

どうなのだろう(もうそういう動きはあるのかな?)

たぶん、司法書士業界もそうなるだろうし、

そうなったら、小さな事務所はたまんないだろうね

さあ、うちも、ちゃんと考えないとないといけないね

いち早く大手の傘下に入るか

それとも・・(以下、まだ考えていないのだ。だめじゃん、それじゃ!)

(72.8)

僕がいつも考えていること

「あと1本、ギターを買うとしたらナニにしようか」

冗談みたいですが、本当に毎日、もう何年も、このことについて考えない日はありません

今は、アコギでは、ギブソンのLG-3(B-25)、エレキでは、フェンダーのシンライン

だということで落ち着いているのですが、

ときどき、「やはりマーティンがいいかな」とか、「グレッチってカッコいいな」とか

いろいろとマイブームが訪れ、順位が変動します

そして、誰か、事務所に訪れて

「今お金がないので報酬が用意できないのですが、実はここに59年製のギブソンが・・・」

というヒトがいないかしらと妄想が膨らんでいくのです

そういうヒトがいたら、紹介してください(いないか)

たいていのことは、なんでもするのにね

(72.4)
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市