モノ言えば・・

ボクの大学時代の専攻は国文学だったので、
日本の古典も、万葉集から、けっこう本格的に読んでいたのですが、
その中でも、常にマイ・フェイバリットで、
結局、卒論のテーマに選んだのが、芭蕉です。
今でも、いつも枕元に芭蕉の句集を置いて、
眠れぬ夜は(あまりないけれど)、
でたらめにページを手繰っております。

んで、芭蕉の秋の句というのは、
なんともサビシゲなものが多いですよね。

「物言えば 唇寒し 秋の風」

も、その一つ

今年の秋は、なんとなく、いっそう、
そんな気持ちになってしまう、ボクなのですが、
やっぱり、ちょっと弱っているのかしら。
(最近、ホルモン食べにいってないからかな~)

ちなみに、日本の作家で好きなのは、

1.松尾芭蕉
2.宮沢賢治
3.そのときによる

です。

今年は、久しぶりに読書の秋といこうかしら
スポンサーサイト

雑魚はザコと読むのだ

111027_185803.jpg

そうか、雑魚は、ザコなのか
ザツギョじゃなくて、ザコなのね。
うーん、「このザコども!」のザコね。
そうか、そうだよね。
ザツギョじゃないよね。

ということで、
昨日は、Dr.Kの還暦記念ライブのため、心斎橋の大阪ジャニスへ行ってきました。
夜の心斎橋なんて、いったいどれくらいぶりなんだろう。
こんなにたくさんのヒトが夜に外出しているなんて、やっぱ、凄いな。
普段、9時くらいにはフロに入って寝てしまう生活が長いので、
なんか、信じられません。

ま、それはともかくとして、
今年は、佐野元春以外のライブは、はじめて。
もうね、やっぱ、100人くらいのキャパなんだけれど、
これくらのキャパで、座って、ビール飲みながらライブを観られるのはいいですね。

もうね、ジェリー・マッギーは、バカウマ!
昨日は、ベンチャーズ・マターなプレイはなく、
ほぼ、ロック・ブルース・ギタリストで、これがまた「流石!」のヒトコトでした。

マーク・ベノは、なんかね、ホント、もう、ただのおじいちゃんなんだけれど、
時々、垣間見えるフィーリングがね、もう、本物なのよね~
ライブ中、「これが本物やね~」っと、しみじみ思いました。

徳武さんのプレイはイワズモガナでした。
ギターのクリーンなトーンがなんともいえず、心地よかったです。
さすが、ミスターテレキャスでしたね。
キュッキーンしていましたね。

ということで、昨夜はとても楽しかったです

ギター練習しようっと

CDは本当に高いのか?

随分前にアマゾンで予約していた
トム・ウェイツのニューアルバム「バッド・アズ・ミー」の
お支払番号の通知メールがやっと来た。(よかった、よかった)

しかし、CDも随分と安くなったものである。
新譜が、輸入版といっても1,387円なんだもんね。
16曲くらい入っているので、1曲あたり90円程度の換算なので、
結局、CDって配信よりずっと安いんじゃない?
なんで、CDが売れなくなっているのかな~。

ボクは、J-POPのおやじバンドをやっているので、
150円くらいで、その曲だけをダウンロードできるのも有難いが、
やっぱ、好きなアーティストの曲って、
「何時、何回目で好きになるか」なんて、わからないもんね。
(今は、半永久的にマーク・ベノの「雑魚」をリピートしている)

あと、アマゾンで気づいたんだけれど、
最近は、結構、アナログ・レコード盤も出てるんだね。

メディアが1周して、元に戻ってきた感がありますが、
そうすると、結局、「良い音」ってなんなんだろうと考えちゃいます。

ということで、クラプトンやロビー・ロバートソンは「見(ケン)」しましたが、
トム・ウェイツのニュー・アルバムは「買い」ました。

それにしても、amazonのお勧めって、なかなか良い営業マンですね。
ニック・ロウも買っちゃうおーかな

司法書士としての公と私

おそらく、今もって、
個人では日本で一番有名な司法書士の円月堂さんは、
震災以来、数回にわたって、東北のボランティアに参加している。

→ 円月堂さんのブログ

円月堂さんは、司法書士としてではなく1市民としてボランティアに参加しており、
これは、やはり、誰もができることではないと思うので、
僭越ながら、関西の草葉の陰から、こっそりと関心しているのだが、
今回のブログ(10月22日の記事)は、とても面白かったし、
興味深かったので紹介してみました(興味あるヒトは読んでね)。

「やっぱ、そうなんだろな~」と思います

(他人のブログを、ブログネタにするようじゃ、ネタ切れ末期症状だな)

今週も頑張ろう ~ 週末も仕事しています ~

ここ最近、週末は、ずっと事務所に

というのも、この後期から(学生的に夏休み終了後から)、
木曜日の午後にも奥さんに仕事が入り(非常勤講師なのだ)、
今は、木曜日午後と金曜日が、僕のイクメン・デーとなり
結局、平日は、3.5日しか働けないのだ。

なので、ここ2か月くらい、
ずっと、託児所というか、保育園を探しているのだけれど、
なかなか、いいところがなくて、
週1だけ預けたくても、結構、難しいものなのですね。
「待機児童」について、これまでは他人事だったけれど、
やはり、我が身になれば、切実な問題です。
事務所にベビーベッドを置くのは構わないのだが、
もう1歳8ヶ月なので、そうそう寝ていてもくれないだろうしね。

まあ、そういう時期もありますね
焦らずに頑張っていきます

追伸、
ご近所の皆様
良い情報があったら教えて下さい

佐野元春ファンの呪縛 曲との距離感

元春ファンのサイトやブログなんかを読んでいると、
80年代の曲を演奏することに、イサギヨシとしない旨の論調があり、
「なんて、ストイックなヒトたちなんだ」と関心してしまう。
ホントは嬉しいくせに、ファン心理というのは複雑なものだ。

今年の30周年アニバーサリーも、「観覧車の夜」を除けば、
アルバムでいうと、「ザ・サークル」まで、
ほぼ、80年代の曲で構成されていたので、
それを、「懐古的」だと批判するファンすらいるのだ。
コヨーテ・ツアーでは、コヨーテからの曲を、
ザ・サン・ツアーでは、ザ・サンからの曲を
ほぼすべて演っているにも関わらずに。
アニバーサリーのパート2では、
コヨーテバンドでツアーを回っていたにも関わらずにである。
さぞかし、元春もタイヘンだなっと思う。
(追記:「ヤング・フォーエバー」もありましたね)

ボクなんて、大満足だったから、逆に、
「何故、元春ばかりが常に新しいことに挑み続けなければならないのか」
と思うけどね。そんなこと、ストーンズにもフーにも求められていないのにさ。

個人的には、ボクも年をとってきたので、
ひとつひとつの曲と自分との距離感が、
だいぶゴチャマゼになってきたというのが実感としてある。
「ダウンタウンボーイ」も、「世界は誰の為に」も、
なんとなく、同じような距離感で自然に聴いている。
これは、ipodのシャッフル効果かもしれない。
なので、「アンジェリーナ」や「サムディ」を聴いても、
ノスタルジーにかられるというより、最近は、
「ホントに良い曲だよな~」と感じいることの方が多いのだ。

ボクの、希望としては、
「ハートビート」を原曲どおり、バラードでやって欲しいかな。
うん、いろいろあるよ、もちろん、ファンとしてね。

ま、とにかく、最近の元春は、尻上がりに調子が良くなるので
これからのライブは、最低3時間がノルマ、
できれば途中、バラードのお座り時間ありで、
5時間くらいのライブにして欲しいと思います。

あと、1枚くらいカバーアルバムがあってもいいと思う。
マンフレッド・マンとか、デーブ・クラーク・ファイブとか、
ラスカルズとか、ゾンビーズとか、
そのへんのやつを伊藤銀二と一緒にカバーしたアルバム。
考えただけでもイイネ!

My Sweet George ~ リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド ~

ということで、ジョージ・ハリスンの映画が封切られた。
長年の、ビートルマニア・ジョージ派としては、感入るものがある。
大阪でも、なんばパークスでやるみたいだ。
これは行かなくては、

で、
年末に、発売されるDVDのことで疑問が。
下記の、本編DVDと本編ブルーレイって、ディスクが違うだけで同じものなのかな?
きっと、そうなんでしょうね。
でも、下記のセットが1万6800円(定価・ネット先行予約で1万3000円くらい)
それが、DVDだけだと4000円くらいなのだ。
これは、考えちゃう価格の差ですよね。

-----------------------------------------------------
コレクターズ・エディション 収録内容
【収録時間】 本編210分+特典映像37分

・本編DVD 2枚組み
・本編ブルーレイ
・未発表音源10曲収録のCD(SHM-CD仕様/歌詞・解説付き)
 ※10曲中4曲は、本編映画でも未使用の貴重音源
・未公開秘蔵写真も含む95ページ豪華ブックレット(対訳小冊子付き)
・リトグラフ2点
・フォトスタンド形特製BOX(約276 x 246 x 26mm)
・37分の特典映像
 (37分中、コレクターズ・エディションのみ収録の特典映像は20分)
----------------------------------------------------------------

「ブルーレイは要りませんから、ライブインジャパンのDVD下さい」ってのはダメだろうか
あと、リトグラフとか、フォトスタンドもブックレットも要らない
でも、未発表音源は聴きたいし、特典映像も見たい。

ということで、
誰か「DVDは要らないのにな~」というヒトはいないでしょうか?(いると思うのだが)
CDと特典映像とブックレットちょっとだけ貸してくれたら、
DVDを5,000円で買い取りますので、連絡下さい。

とにかく、来年は、全世界的にジョージ・再発見ブームかもしれんな

それにしても、ブルーレイってそんなに違うの?

損得勘定は、いつも皮算用

さて、今年も、もう終盤戦。
個人的に、最近ちょっとバイオリズムが下がっている気がしますが、
まあ、そういうこともあるでしょう。
「人間万事塞翁が馬」
「雨の日も、これまた、良い天気」
ということで、静かに秋の夜長を過ごしております。

先日、
たまたま休みの日に政治(TPP)のハナシを書いたら、
なんか、そのあと、けっこう、話題が出てくるようになった気がします。
(たまたま、ボクの関心事になっただけかもしれないけれど)
で、その中で、ボクが気になったのは、
結局、「得か、損か」ってハナシになっていること。
この手のハナシの際には、いつもいつも思うけれど、
「得か、損か」以外の価値観(行動規範)ってないのかしらね

つくづく思うけれども、
損得で物事を考えちゃならんことも、いっぱいあるのではないかね~。
得だとわかっていても、手をだしちゃいけないものってあるし、
損だとわかっていても、やらなければならないこともあるのにさ

ボクは、自分で自分の長所だと思うことは、
人づきあいを損得勘定でしないことだと思っているのですが、
でも、貧すれば鈍しちゃうので、鈍しないように貧しないために、
今日も、ここぞと頑張って働くしかないのですがね。

さ、今日も、いい感じに適当に頑張ろう!

スワンプ・ロックを体感しませんか? ~Dr.K還暦記念 Let's swamp tour~

「音楽の秋」

ということで、さっそくライブ・チケットをゲットしました

Dr.K還暦記念 Let's swamp tour

ということで、ボクの「日本の好きなギタリスト」ランキング
ベスト3にはいる徳武弘文のライブです!
あとの二人は、佐橋佳幸(松たか子の旦那)とチャボ、
もう一人っといわれたら藤井一彦かな。

前回、
徳武さんを観たのは、吹田のアコギ・ライブハウスの「5th Street」で、
「徳の市」で来阪したときのこと。
ボクは、CDを買って握手してもらいました(ミーハーだね)

20091204113253.jpg

で、今回は、共演がマーク・ベノとジェリー・マギー!
皆さん、あのマーク・ベノですよ
これは、いかなくちゃね~
さっさと行かなくっちゃ、みんな死んじゃうんだからね

次はエイモス・ギャレットを見たい!(前回行けなかったから)

でも、このライブ見たら、あまりの自分の下手さに、
ギターを弾きたくなくなるかもしれんのが怖い

徳武さんを見ると、いつもその風格にクラプトンを思い出しちゃいます。
プレイは全然違うんだけれど、風格がそんな感じなのです

楽しみだ~

司法書士とTPP

(めったにしない政治のハナシ)

ヤフーニュースでしか知らないが、野田政権がTPPに前向きに検討するらしい。
ボクは、TPPのことについて詳しく知っているわけじゃないけれども、
現在のヨーロッパの状況一つとってみて、
国を超えた経済的な提携なんて幻想であったのが明らかなのに、
どうして、反対の立場からの意見が、そんなにないのか不思議だ。

ボクの浅はかな人生経験からいっても、よく勉強するまでもなく、
「政治家が押し進めて、経団連が後押しして、マスコミが賛同している」
ものなんて、それがなんであれ「間違っている」に決まっている。
その制度の内容について何も知らなくても、
アメリカがあれだけ締結したがっているものが、
日本にとっていいわけないと考えるのが通常であって、
野田総理の方針には、「どうかしてるぜ!」と異議申し立てすべきであり、
このままでは、やがて「ヒーハー!」となるのは間違いないのだ。

それにしても、小さい世界だけれども、
今は、行政書士が商業登記をどうのこうのいっているけれど、
アメリカの弁護士が、日本の登記をするようになれば、
そんなことを言っている場合じゃなくなるよね。
ゆくゆくは、法律事務所とか、司法書士事務所も、
アメリカ系の事務所とか、中国系の事務所って感じになっていくのかしら。
そうなれば、小さい事務所が生き残っていくのは大変だろうな~
あるいは、小さな事務所を維持するのは無理かもしれないとも思う。
となると、今から大きな事務所の下請けに入るか、
もしくは、有志を募って大きな事務所を作るか。

いずにれせよ、
来年は過払いブームの終焉もあって、
うちも含めて、司法書士業界は大変だろうね。
うちみたいな小さい事務所がたくさん潰れて、
後に残ったのは年寄りと商売気たっぷりの司法書士だけ、
なんてことにならないといいですが。

まあ、とにかく、自分は負けるわけにはいかないと思う、
今日は体育の日です。

ソクドクの効果 

弁護士が就職難で、すぐに独立するという記事

読売新聞

ボクは結局、2年ちょいくらい、
なんやかんやと事務所を移ったあとに独立したので、
厳密にはソクドクではないけれど、
今から思えば、「さっさと独立していたらよかったな」と思う。

というのは、安月給で居候する目的は、唯一つ、
「働きながら修行(経験)ができる」ということだと思うけれど、
そんなに修行にならなかったからだ。
ボクが、航空会社で新人の研修をしていた頃は、
わからないことは、「何でも、何度でも」、教えてあげたものだが、
なんか、皆、秘密主義で、ケチクサイのには辟易した。
2つめに勤めた事務所では、2か月くらい無視され続けた。
それでも、半年以上いたが、役員変更しか仕事がなかったので辞めた。
(アホみたいな話だが、これホントの話。齢37,38歳の頃)

ちなみに、
最初の事務所は、自己啓発セミナー(宗教系)にかぶれていたボスで、
朝礼を拒否したら、1週間でクビになった。
だって、朝っぱらから、「仕事を完遂しなかったら地獄無限に落ちる~!」
なんて、絶叫してんだもん。そんなこと出来ないよね~
でも、その事務所は、今、結構、大きくなってる。
なるほど、セミナーの効果ってあるのかもしれないと思うが、
でも、デキナイものはデキナイですよね~。(まったく)

3つ目に、やっと、ちゃんとした、まっとうな事務所に就職できたけれども、
前任者が辞めると同時に仕事をごっそり持っていっちゃったから(よくある話)、
結局、終始、ボスと前任者の板ばさみになって、
仕事そのものより、人間関係に疲れて、
随分と良くなっていた体調が、最悪の状況にまで悪化し、
そして、結局、独立を余議なくされたのだ。(そうだった、そうだった)
なので、ボクは独立してからというもの、
前の職場で知り合った全ての人間関係からの仕事を断りつづけたのだ。

それから、とりあえず、3年半、頑張ってきました。
修行時代に学んだことも多いけれど、独りで始めてから学んだことの方が多く、
そして、まだまだ、広大な未知の海が目の前に広がっています。

ということで、人生全是良

ソクドクされる弁護士さん
20代で独身なら、やはり大きな事務所で経験を積むのがいいと思うけれど、
まあ、いずれにせよ、若いんなら平気平気
うちの事務所、机が一つ空いているので、よかったら連絡してね~

今年合格された司法書士のみなさん、
ちゃんと研修を受けて、同期を大切にね~

ac guitar 4B

そうか、死んだか~
と思うと、やはり、感慨深いものがありますね。

といっても、全世界的に有名なマックのヒトではなく、
アコースティック・ギターの名手・バート・ヤンシュのこと。

バート・ヤンシュといえば、ランブリングでホーボーな人生で、
旅先で赤痢になって、強制送還されたり、
お金がなくなって、ヤマハからギターを貰ったり(ヤマハ偉い!)、
いろいろあったけれど、
最後にも「人生ってこれくらいでいいよね」って思わせてくれました。

なにより、バート・ヤンシュを聴いていると、
スタイルとしてのブルースというより、リアルなブルースを感じます。

しかし、まあ、ミュージシャンは死んでも、自分の音楽はいつまでも残るので、
やはり、素晴らしい職業ですね

そういう意味で、マックのヒトにも感謝です

東京雑記

東京では、奥さんの実家に泊まるのですが、
先日、仕事を終えて、義母とだべっていると、
テレビでは、韓国のドラマが

「あっ、これがあの!」

ボクは、基本的に新聞は読まないし、テレビのニュースもほぼ見ないので、
(だいたい、ヤフーニュースで、ちょっとだけ知る)
よくわからないけれども、でもどうして、
平日の昼間のテレビプログラムに文句をいう若者がいるのでしょう?
なんか、ボクなんかが伺い知れないような深い裏のハナシがあるのかしら?
逆に、そういうハナシがなければ、あまりにも情けないハナシのような気がする。

ちなみに、ボクは18歳から結婚するまで(32歳かな)、
ほとんどの期間、テレビを持っていませんでした。
なので、今、テレビで、「懐かしのメロディー」などの番組を見ると、
90年代が、ほぼごっそり記憶の片隅にもないという状態です。

で、何をしていたかと言うと、
パソコンもなかったので、ずっと本を読み漁っていました。
とにかく、20代は、本ばっかり読んでいたな~。
飯代の倍くらい本代かけていた気がする。
お陰で、今は「本を読まなければ」なんて思わないわけです。

ま、とにかく若者はテレビなんて見てちゃいかんね~。
「せっかくの円高なんだから、少しだけ金をためて、旅に出ればいいのに」と思います。

富士山のチカラ

先週後半から仕事がらみもあって東京へ

今朝、5時に起きて、
愛車の軽自動車を走らせて大阪に戻ってきましたが、
途中、富士山がきれいに見えて、とても感動しました。

しかし、富士山を見ると、厳粛な気持ちになって、
思わず、いっぱい、お祈りごとをしてしまいました。
「自分って、ツクヅク、日本人だな~」と思ってしまいます。

運転をしていたので写メはありませんが、
アタマにうっすらと雪をかぶり、本当に荘厳な富士山でしたよ

ということで、明日から通常業務に戻りま~す

事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市