佐野元春 Live at ZEPP Namba ~ ゼップなんば日記 ~

「だから、全盛期はこれからだって言ったじゃない!」
と1人呟いたのは、2日目のライブが終わって家に戻る道すがらのこと。

1日目は、5列目と前列だったのはよかったのですが、
アッキー寄りのスピーカーの真ん前だったので、もう耳がワンワンなって、
ちょっと客観的な判断ができないのですが、
2日目、いてもたってもいられれず当日券を求めて馳せ参じたところ、
たぶん、マスコミ席みたいなところの席で、
フロア下段の最後列(K列)のそれもど真ん中という、
(K席の後ろが通路で、L席からが30㎝程あがって後段となる)
ちょうど、会場全体の真ん中あたりの席をゲット!

それも、左右が空席で(なので、やはりマスコミ席だと思う)、
ボクの前から、ステージ上の元春まで、
まるでモーゼの十戒のように、人の頭の波が開け、
後ろにも気兼ねすることなく(177㎝あるので、やはり気を使う)、
前も気にならず、ノ―ストレスのライブとなりました。なんたる幸運!
(2列前の70歳位のおばあちゃんがずっと立ってて、唯一それが心配だった)

やはり、木曜日より金曜日なのか、
1日目は、立ち見スペースになっていたフロアの最後部も
2日目は、びっしり席が埋め尽くされ、
2階スタンド席も、よく見えなかったけれど、ほぼ満席。

んで、メンバーが出てくると、
1日目は、ボクの周りは「立つ? 立つの?」っていう感じだったのだけれど、
2日目は、ステージにメンバーで出てくる前から歓声があがり、
メンバーが出てくると、うぉーって感じで、いきなりの総立ち。
演奏がはじまるやいなや、ピークに突入しました。

1日目も演奏そのものはよかったので、どちらかといえば、
問題はオーディエンスにあったのじゃないかと思うのだけれど、
「ちょっと疲れてるし、明日も仕事あるし」といった感じの、
乗り切りきれない客の空気が、ステージ上に伝わり、
ちょっと力の入ったステージの緊張感がさらに客に伝染したのか、
曲の合間が少々気になる展開になってしまいましたが、
2日目は、最初から最後まで終始高いテンションのまま突っ走り、
ラストの曲では、ベースの高桑さんもドラム台の上に登っていました。
ボクが観たコヨーテの中では、文句なしの盛り上がりでした(コヨーテ5回目)。
メンバー自身も高揚しているのがわかる感じで、
終演後の顔には、みな、どこか「ドヤ」が入っていました(見逃さなかった)。

定番のセットリストを終えて、後を引くように終演しましたが、
今回だけは、あと1曲やってほしかったな~と思いました。
「星の下 路の上」なら、バーンとすぐにできるはずなのにね。

でも、きっと、しないという選択がプロフェッショナルなのでしょうね。

ということで、
たぶん、これまで観た全てのライブ中で1位、2位を競う程の素晴らしさでした。
過去の記憶が薄らいでいることを差し引いてたとしても

あと、広島と新潟ですね
これから行かれる方、お楽しみに~
スポンサーサイト

この一週間は大変だったのら

ということで、疲れた
あまり、言いたくないセリフだが、エギゾーステッドって奴です

何故かは、あまり良い理由ではないので割愛

明後日、元春までに良い風に迎けばよいのですが

今日は寝ます

事務所に、ジッカからCDが届きました

120618_190239.jpg

ということで、
チャーの最近のアコギ・ライブアルバムを購入しました。

やっぱ、上手いな~
ビートルズの「ヒア・ゼア・アンド・エブリウェア」がいいですね。
というのも、この曲、
ユーチューブ上で、故大村憲司と二人でヤッテいるバージョンがあって、それが凄くいいのよ
なんか、涙なくしては見られないっていうか

大村憲司のギターって、すごくトーンがいいのよね~
ボクがいうのも、おこがましいけど、
昔、観たとき、「こんなの絶対カナワナイ」と思ったもん。
やっぱ、良いギタリストって、皆、自分のトーンがあるよね。
ジョージ・ハリソンより上手く弾けるギタリストはいても、
ジョージのようなトーンをもったギタリストっていないもんね。
ヤードバーズ聴いてても、クレジット見ないでも、誰が弾いてるかわかるしさ。

ということで、大村憲司で「天国への扉」

ソロの途中で、おもわず、「くぅ~」って声が漏れちゃいません?
クラプトンより、クラプトンらしいソロだな、これは
石やんのトーンも独特だし、素晴らしい!

ということで、皆、ダウンロードなんてしちゃダメよ
違法なんだからさ

好きな音楽はお金を出して買いましょう!

さあ、来週は元春ウィークだ~

あっという間のイクメン人生

金曜日は、奥さんが朝から仕事で、早朝に家を出るので、
ボクが、娘の保育園の送り迎えをしているのですが、
とうとう、朝、送っていた後、
「じゃあね」とバイバイするときに泣かなくなりました。

嬉しくもあり、さびしくもあり・・、

こうやって、気がつかない間に大きくなって、
親なんて、すぐに相手にされなくなるのでしょうね

でも、スクスク、健康に育っているので、
ほんと、有難いハナシだと思っています。

ライブのセットリストを事前に知りたい派

佐野元春のゼップ大阪ライブが来週に迫ってきた。

日本全国、約3万(?)の元春ファンの皆様、
この春は、毎月、元春のライブを見る事ができて、
充実した「元春マニアックライフ」を過ごせましたね。
(財布的には痛かったが)

さて、ボクは、ほぼ元春関連のツイートを読むためだけに、
ツイッターに登録しているのですが、
ライブツアー中の感想を、ライブ直後にツイートしてもいいのかという問題に
なかなか、皆さん苦心されているようです。

このモンダイのポイントは、
元春のライブでは、終演後、出口付近に、
その日のセットリストが表示されているので、
それを写真に取ることができるのだが、
そこに、「ネットとかにアップしないでね」と書かれており、
元春サイドの意向が伺えるので、
もともとが真面目な元春ファンとしては、
やめておいた方がよいということになっているのですね
(まったく、真面目なんだから~)

でも、写真を表示させるためには、
さらに「画像を表示する」をクリックするんだから、
知りたい人だけが見られるということなので、
モンダイないんじゃないかと思うんだけれどね、ボクは。

そもそも、
予めライブでやる曲を知っていたら、趣が削がれるものなのだろうか?
もちろん、そういうヒトもいるだろう、
というか、そっちの方が多数意見かもしれないけれど、
これは、吉本新喜劇で育った大阪人気質ということかもしれないが、
あらかじめわかっているギャグでも笑えるというか、
あらかじめわかっているからこそ笑えるのだと思うところがある。
だって、サムディのバスドラが鳴った瞬間、
会場が明るくなり約束の橋のイントロの2音が爪弾かれた瞬間に、
興奮しちゃうんだもん、バカみたいだけれどさ。

~以下、ネタばれあり~






で、ボクは思うのだけれど、
例えば、今回のアーリーサマーツアーでは、
「警告どおり 計画どおり」がリストに入っているのだが、
確かに、これはサプライズである。
なので、終演後に掲示するセットリストからカットするか、
もしくは、「これは秘密」表示をするなどして、
ファンの妄想を膨らませるような工夫をしても楽しいのではないかな

あと、ひとつ、元春は、昔から、
セットリストを固めるタイプ(ビルボードライブもそうだった)だから、
こういうモンダイが生じるのであって、
客席から、「○○やって~」という声が響いたら、
即興で、その曲をしなければならないとか、
あとは、お客さんも途中で一回くらいは座りたいと思うから、
中途、弾き語りで日替わりの曲を2曲くらいやってくれたら、
このモンダイは解決すると思うのだけれどね

今回のリストに加わっていない曲で、ボクが今聴きたいのは、
というより、コヨーテ・バンド・バージョンで聴きたいのは、
「SHAME」と「VANITY FACTORY」と「ブルーの見解」です。

また、いつか、やってくんないかな~

現役司法書士は司法書士試験に通るのか?

もうすぐ、司法書士試験ですね!
受験生の皆様、最後の追いこみ、悔いのないように頑張って下さい。

さて、表題の話、どうだろうね?
ボクの場合は、たぶん無理だと思います(正直者!)。
実務に入ると、やはり強い部分と弱い部分がでてくるもんね。
供託なんてしたことないしさ

それにしても、
ボクは、この一週間、ず~と「根抵当権」ことばかり考えています。
「根抵当権」のことを、これだけ考えたのは、受験時代以来じゃないかしら。
ホント、「根抵当権」のことで、頭がいっぱいになって、気持ち悪くなっちゃったよ

試験だったら、間違ってもいい問題ってあるけれど、
実務には、そんなものはないからね。
あたりまえだけど。
(そのかわり、いくらでも調べることができるし、
それでもわかんなかったら登記官に質問することもできる)

受験時代から遠く離れて、
もう、あまり思い返すこともなくなりましたが、
合格したときは、合格したことそのものよりも、
もう試験勉強をしなくてよいことの解放感の方が嬉しかったものです。

今年、合格予定の皆様
また、最近の情報を、いろいろと教えて下さいね

また、買ってしまった

120618_124626.jpg

不動産登記 先例・判例 要旨集 / 新日本法規

ということで、
あんまり仕事のこと書かないでいて、
「この事務所、大丈夫なのかな?」と思われるといけないので、
さっき、届いた本のハナシを。

もともと、本が好きなせいか、
うちの事務所は、結構、本にはお金を掛けていると思いますが、
またまた、買ってしまいました。
加除式のヤツです。

司法書士のヒトじゃないとわからないと思うけれど、
これで、一万スーセンエンするですよ。
維持費もかかるし。

でも、まあ、設備投資みないなもんですね。
仕事道具なんだから、そういうことには、
できるだけお金を惜しまないでおこうと思っております。

BOSS TU-10が仲間入り

少し前に購入したクリップチューナー

120616_074124.jpg

BOSS TU-10

実は、以前に、某社のもの(メトロノーム機能付)を買ったのだが、
反応が鈍くて、ちょっと使いづらかったので買いなおしました。
安物買いの銭失いとはよくいったものです。
(とはいっても、これも三千円しません)

サイズは、ちょっとデカいですが、
さすがチューナーといえばボスってなぐらいで、
これは、グッド!
間違いない

お勧めです

今朝は、チャーの「SMOKY」のイントロと、
斉藤和義の「歌うたいのバラッド」をコピってました。

「歌うたいのバラッド」は、サクっとできました。
ポイントは「むずかし~ことじゃない~」のとこのD♯dim を×6757×でとって、
その後×7578×、×5578× のコード・チェンジあたりでしょうか。
(ボクの持っているギタマガのタブは違った)
あとは、まあ、出来ますね。
この動画(後半)が、そのポジション取りやすいと思います。 → 復興支援ライブ)

「スモーキー」はなかなか骨が折れます(未完)。
9thの音の持っていき方が、どうにもこうにも難しい。
やはり、ボクは早いパッセージは苦手なので、特訓あるのみです。

明日からは、
スタッフ(つまり、コーネル・デュプリー)の「How Long Will It Last」と、
マリアマルダー(つまり、エイモス・ギャレット)の「真夜中のオアシス」にトライです。

早々と、王道からそれてきましたね

「嫌んなった」から見るギターマガジン編集部

今月号のギターマガジンの楽譜は、憂歌団の「嫌んなった」
前々号のRCの「君が僕を知っている」に続き、
コピー対象曲であるので、即購入(前号は見送り)。
ここ最近の、ボクの、ギタマガの購入コードは、
楽譜が欲しいか否かになっています。

120614_122443.jpg

表紙は、B'zのヒトでしたが、あいにく1曲も知りません。
好き嫌いではなく、世代ではないので、知らないのです。

ということで、
最近のギターマガジンの編集者の狙いどころは
うちら世代なのかな~と思いつつ、
今日も5時から起きて、せっせとコピっていました。

次は、元春がいいな~

できれば、
30周年アニバーサリー・バージョンの「新しい航海」がいい。
佐橋佳幸と長田進のツインギターがいいんだから、もう!

All Around Me / Char コード進行tab (サビ)

チャーの表題曲のコピーをしているのだけれど、
サビのコードの次の部分、誰か知っているヒト教えて~
まず、1回目の「When the rain falls~」からのところは
次の4つのコードで、大丈夫だと思うのだけれど、

(6弦→1弦:×はミュート)
①×06600
②4×4400
③3×3400
④2×2200

2回目の「Like the summer rain~」からのところは、

(6弦→1弦)
⑤×06600
⑥×04400
⑦4×4400
⑧×43404

でいいかしら?
⑥が、どうもわかなくてさ、
②と一緒ではないような気がするし、
ハイフレットに移動している映像もあるのよね~
今のところ、⑥と⑦が自信ないところです。
①~⑧で間違っているところ、ビシバシ指摘して下さい。
ちなみに、この映像が、手元がよく映っているので、
コピリやすいと思います。

All Around Me / Char

その他の部分は、
1、2、5弦開放したまま、3,4,6弦を同じフレットで上下させると、
なんとなく、そんな感じになります。

つまり、
⑨2×2200
⑩4×4400
を3回やって、
⑪5×5500
⑫7×7700

で、「ハイ・アバーブ・ミー」のところはこんな感じ
⑬×76677
⑭5×555×
⑮7×777×

ちなみに、イントロは、
6弦の0→2→4の後、5弦2を1音弾いて、6弦開放をはじく。
んで、9フレ(3弦)に飛んで(1音)弾いて、
7フレと9フレの1弦と2弦をプリングオフる。
で、人差し指を5フレで1~4弦セーハし、
カッティングしながら、7フレ(1弦)を小指でプリングオフる。
それから、C♯m7で、デビット・T・ウォーカーし、
⑯×32233、
⑰×22222
という感じ(わかる?)。

テーマは、6弦の0→2→4の後、5弦開放。
グリッサンドを入れながら、
⑱×0665×(オブリ、2弦575、3弦6)
と、
⑲4×444×
⑳×4344×
の繰り返し

また、あなたのコピーも教えて下さいね~

(間違っている箇所、指摘してね)

今さら、チャー

チャーといっても、たむけんのギャグではありません。

チャーです、Charです

ということで、今、「目指せ王道:100曲完コピー」と題して、
いろんな曲を、あらためてコピーしているんのですが、
最初、「100曲は無理かな」と思っていましたが、
やはり、昔、ある程度、輪郭はコピっているので、100曲いけるかもです。

んで、ギターマガジンかプレイヤーのバックナンバーで、
手持ちの楽譜があるやつを優先でコピっているのですが、
チャーが、つい先日、フェイスブックで最新のアコギライブをアップしたのを観て、
感銘を受け、今は「All around Me」のアコースティック・バージョンを
耳コピ(ユーチューブで目コピ)っています。
だいたい、コードは取れたのだけれど、もう少しかな
サビ(when the rain fallsからのとこ)の2バース目のコードチェンジが、
もうちょい。(誰か、楽譜持ってない?)

ちなみに、この映像がコピりやすいと思います

All Around Me / Char

でも、歌詞がいいね。この曲は。
大人の愛の歌です(英語だよ~)

Can you feel the love、All around you?

しかし、昔、大学時代、ピンクラ全盛期で、
ボクのまわりはチャ一色だったので、
元春派(ナポレオンフィッシュの頃で、やはり全盛期だった)だったボクは、
なんか肩身の狭い思いをしていたから、
なんとなく、ちょっと敬遠していたところがあったのだけれど、
この年になって、改めて「やっぱ、チャーいいよ」となっています。

それにしても、元春とチャーは、あと桑田も、同学年なんだね。
同じ時代に生き、同じ時代の空気を吸っていても、
やっぱ、育ってきた環境とかで、全然、違うんだな~とつくづく思います。

楽しいことといえば

今月末には、佐野元春のライブが待っている。
ほとんどの人には「サムディーのヒトね」というイメージしかないであろうが、
これがもう、今、凄いことになってるんだってば!
もうね、ホント、昔好きだったって人ならば、
今、ファンに復帰しないと後悔しちゃうよ~
ボクは、元春関係のつぶやきを見るためだけに、
ツイッターに登録しているのだけれど、
昨日の、東京のライブもめちゃよかったらしいし。

ちなみに、ツイッターの登録は本名じゃないけど、ここにリンクしています。
でも、フェイスブックと同様、ときどきしか、つぶやきません。
(つぶやくとしても、ほぼ元春についてです)

月末のゼップは、木曜日だけ行く予定なのだが、
やっぱ、金曜日も行こうかな~、悩む~

元春は、絶対もう一曲は、メガヒットを出すと思っているんだけど、
やっぱ、メジャーレーベルじゃないから難しいのかな~。
まあ、出なくてもいいんだけれどね~

でも、ほんと、一番最近のオリジナル・アルバム(といっても5年前)の、
この曲なんて、ほんといいんだからさ~

君が気高い孤独なら(PV) / 佐野元春

昔、ファンだったてヒト
騙されたと思って、ライブに行って下さいよ~
(新作のアルバム・コヨーテだけは聞いてから行ってね)

意味ないじゃ~ん

(カタイ話はつづく)

総理大臣が、リアルタイムでデタラメだとわかることを、
あれだけ、ノウノウと喋る会見は、はじめて見た。
逆にいえば、いい度胸をしているともいえる。
馬鹿馬鹿しさ加減がスガスガシイ。

だらしがないのは、マスコミだ。
まあ、所詮、グルなのだから仕方ないか。
あと、橋下がインチキだということも確定したし。
(まあ、そんなことは全部わかっていたが)

いずれにせよ、我々が何をしたって無駄だということ

120609_081021.jpg

まあ、いいや、アホらし

オレは、
目を閉じて、耳を塞いで、
楽しいことだけを考えて生きていこう

(ということで、カタイ話はこれで終了です)

フヨーギムなんていってもはじまらない

最近、真面目な話が多いが、何故だろう?
相変わらず、ギターばかり弾いているんだけれどね。

それにしても、生活保護の件で、
「フヨーギム」について、あーだこーだいう意見があるけれども、
仕事上、成年後見人をやってると、親の遺骨さえ、
引き取ってもらえないことがママあるっていうのに、
法律やなんかで、そんなことを決めたって無意味に決まっている。
ましてや、兄弟間の「フヨーギム」なんて考える必要もない。無意味である。

まあ、ボクにあっという解決策があるわけでもないので、
それ以上言及するのはやめておくが、なんか気に入らない。

消費者マインドが常に正しいわけではない

中国で、著作権が販売から3カ月にするという法案が検討されているらしい。
それを、「中国って権利意識が希薄だからね」と、
サンケイっぽく批判するのは簡単だが、
でも、権利意識が希薄になってきたのって中国だけのことじゃない。
もちろん、日本だって、十分にそうである。
(そうじゃない国ってあるのだろうか?)

そういう、ボクも、日頃、ユーチューブとか結構見るのだが、
アルバムの音源が、アルバム1枚そのままアップされていたり、
DVDの映像がそのまま1本まるごとアップされていたりすると、
やはり、「これはダメだろう」と思う。
ボクは知らないけれど、簡単にダウンロードできるらしいし。

不思議なのは、それをアップしているのって、ファンでしょ?
少なくともアルバムやDVDとか所持してるわけだから。
でも、昔、録画した希少映像をアップするってのならまだわかるが、
何故、アーティストの不利益になるようなことを、
わざわざ、ファンがするのだろうってのが、よくわからない。

大学生の頃、石川二三夫&小出斉(ジャングル・ブギ-)とか、
ローラー・コースターだとか、藤井&関だとか、ブギー・ボーイ・イクトとかを観に、
よく高円寺のジロキチというライブハウスに行っていたものだが、
相当な貧乏だったボクでも、バイトでもらったなけなしのお金を、
「来月もまたライブが見たいから」と、彼らにつぎ込んでいたものである。
それがファン心理ってものじゃないのかと思うが、違うのだろうか?

といかく、何事も、タダで簡単に手にするより、対価を支払ってこそ、
より深く理解し、より楽しめる、もっといえば、より愛せるのだと思うのだけれど、
それって、やはり、もうボクは昔のヒトってことなんだろうね

Are you really enjoyed ?

オウム事件におもう

う~ん、

前にオウムのヒトがつかまったときに、
「偽名で役所が発行した健康保険証がもらえるんだ」とびっくりしましたが、
今後は、偽名で資格まで取れちゃうことにビックリしました。
そのヘルパーの資格証明書は写真つきなのだろうか?

偽名の銀行の通帳も作れちゃうらしいし。

本人確認って、突き詰めると、かなり難しいね

サービス業はサービスでございます

ボクが、体を壊した原因が、空港で地上職員をしていた頃、
苦情係(BC/LL、なんと懐かしい表現)をしていたことが
一因としてあるのですが、
スカイマークの「機内での苦情お断り」の表明は、
なかなか本質をついているので、面白いな~と思いました。

そもそも、
巷で言うような「サービス業」という個別の職種はないのであり、
サービスという概念は、付加価値でしかなく商品の本質ではない。
もちろん、航空会社は「運送業」であり、
トラブルがあったときは、大昔に決めた運送約款が適用される。
そこには、例えば、バッグと乗客は同じ目的地に着かなければならないが、
同時に着かなければならないということまでは規定されていない、
など、知らないヒトが聞いたら、エっというような規定がいろいろとある。

で、ボクの数年の航空業界で働いた経験からいうと、
体調を崩しただとかという緊急事態の対応等を別にすれば、
飛行機にのっている間に、CAにすべきようなクレームなんてほぼない。

1.(荷物を棚に乗せるのを手伝え?)

そもそも、自分のことは自分ですべきであり、
自分で頭上の棚に乗せられことがわかっているなら、
貴重品など、膝の上に乗せられる分だけをキャリー・オンして、
あらかじめチェックイン・バゲージにすればいいのだ。

2.(赤ちゃんが泣いている?)

赤ん坊が泣くのは当たり前である。
それを心配することはあっても、
うるさいからどうにかしろなどという大人は論外である。
(あんたは一度も公衆で泣かなかったというのか。恥を知れ)

このモンダイの本質は、巷でいわれているような日本式サービス業が、
客を幼稚園児扱いするがごとくのものであって、
そもそも、どうだっていいことに付加価値性をアピールしすぎたことにあり、
「金さえ払えば、どんなワガママだって言う権利がある」と、
そこらの(主に西日本の)、おっさんが思い込んでいるところにある。

たとえば、外国人は、トラブルに慣れていることもあって、
トラブルの解決の見通しを伝えれば、基本的にはそれでハナシは終わる。
外国人を対応する際には、とにかく卑屈にならずに、胸を張る方がよい。
実際、「ファーストクラスの客のように扱われた」と感謝されることもあったし、
ボクも「これがジェントルマンか~。見習わなくては」と感心したものである。

しかし、それと同じサービスを、日本人の、特に西日本のおっさんにしたら、
まず、「お前、頭の下げ方知らんのか!」と罵倒されることになる。
そして、「責任者だせ!!」と怒鳴られるのがオチだ。
とにかく、アノヒトタチは、本気で、「お客様は神様です」と思っているのだ。
客は客でしないのに。

(今思い出しても、ムカムカする。もう何年も前のことなのに)

まあ、自分が体を壊した分、
飛行機の客には恨みつらみがあるので、いくら書いても止まらないが、
今日はこのあたりで、やめておきます。

みなさん、空港でトラブッったときには、優しくしてあげてね。

追伸・
だからといって、スカイマークがいいといっているのではありません。
念のため。反デフレ派ですから。
そもそも、公たる企業は適正価格を目指すべきであり、
航空会社が、牛丼屋みたいな過当競争をすべきではないと思います。
(GWの高速バスの事故からも推して知るべきである)
ちなみに、ボクなら、今は、ANAに乗ります。

ロックおじさんの共通言語

やはり、何事も目標というものは大切だということで、
今年の後半の目標は、「ロック王道100曲コピー」ということにしました。
100曲は無理としても、ロックの王道名曲をひたすらコピりたいと思います。
やはり、王道は、共通言語だからね。

で、手始めは、これ

120602_062325.jpg

(雑誌「PLAYER」掲載の譜面です)

そうですね、王道中の王道、
ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。
しかし、まあ便利な時代になったというか、これ見て下さい。

スモーク・オン・ザ・ウォーターのソロ

うん、上手い、完璧!

上記の楽譜と、ポジションは少々異なりますが、
ユーチューブの演奏の方が、ポジションが素直なので、
そちらでコピリたいと思います。

それにしても、今、あーでもない、こーでもないと練習してみると、
昔は、超テキトーにコピっていたものだと思います。
ボクの演奏もアップ出来る程、上達すればいいのですが、いずれ

(ヒマでいいねって?)

ボクの場合、朝4時半位に起きれば、1、2時間はギターを弾けます。
(そのあと、犬の散歩をする)
それに、朝から好きなことしてれば、仕事にも身が入るよ~
好きなことをエンジョイしてこその人生、
頑張ろう、ロックおじさん!
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市