英国と米国

はっきりいって、音楽に聴くに際し、
英国だの米国だのと意識しはじめたのは最近のことである。
昔は、それがアメリカかイギリスかということは意識せずに、
つまり、全体的に洋楽というくらいにしか意識していなかったのだ。

だからといって、今も別に意識して聴いているわけではないが、
「そういえば、けっこう違うものだな」っと納得する部分がある。
特に90年代以降のブリットは、その後の、
アメリカとイギリスの音楽的方向性を決定づけたところがある。

ボクは、同時代の音楽もフォローしたいタイプなので、
アメリカでは、デレク・トラックスをはじめ、Gラブ、
ベン・フォールズやベン・ハーパーとか、デイブマシューとか、
イギリスでは、オアシス、レイディオ・ヘッドから
もう少しマイナーなところまで聴いているが、
全然音楽的な志向が違うものね。

いずれにせよ、今のヒトはあんまり洋楽を聴かないみたいで、
以前、若い司法書士に「どうして洋楽聴かないの?」って聴いたら、
「歌詞がわからないから」という返事で、そういうものなのかなと思った。
昔、デビットボウイとかが、サービスで日本語で歌ったバージョンとかあり、
ボクなどは、「お願いだから、やめて欲しい」と思ったものだが。

そういえば、K-POPだって、日本語だもんね。
もうね、K-POPはハングルで歌ってもらわないと、
もうオジサンには、日本のグループなのか、韓国のグループかわからないよ。
まあ、K-POPのことなんて、どうでもいいんだけれどね。
関係ないし

120727_143545.jpg
スポンサーサイト

オリンピック特集 その1

インチキな奴らが、息をひそめて、
「みんなが政治のことなんか忘れちゃっているうちに、
好き勝手なことしちゃうもんね」とタクランデイルのがわかっていて、
こういうことを書いているのもなんだが、
ネタがないので、オリンピック期間中はオリンピック特集にしちゃおう。
(そんなに見るかどうかわかんないけれど)

ボクが、バックパッカーだったのは、
1995年の春から、1996年の夏にかけてのことで、
その間、世界各地を旅したのだけれど、
もちろん、イギリスにも行きました。
イギリス全体で、たしか3,4週間いたのかな~。
ブリットレイルパスを買って、B&Bに泊まってという、
まあ、典型的なバックパッカーですね。

しかし、男子サッカーがあったグラスゴーはスコットランドだよね。
東京オリンピックを、札幌でするようなもんだと思うのだが、
(正確にいえば、そうじゃないが、そういうことにしよう)
そんなに厳密じゃないのかしらね~

んで、そのスコットランドは、
グラスゴーからバスでさらに北上し、スカイ島まで行きました。
グラスゴーからのバスルートは雄大な自然の中を行くのだけれど、
スカイ島は、確か、木を切りすぎて、
はげ山になった山があちらこちらにあった記憶がある。
写真あったかな~(探してみよう)
(あれ、スカイ島じゃなかったかな? 不安になってきた)

いずれにせよ、遠い記憶だ。
もうパスポートも切れたまま、更新していない。
15年くらいは海外に行っていないが、
まあ、行きたいとも思わない。
どこに行っても、ここにいるのと、そう変わらないことを知っているからね。
若い時に、長い旅をするとそういうことになっちゃうのかな~、
それも、良いのやら、悪いのやら。

追記:
さっき、保育園に迎えに行くと、、ムスメがやっとトイレでチッチできたとのこと。
そういうのが今のシアワセです。

スウェーデンの記憶

昨夜、なでしこジャパンが快勝し、
次の相手がスウェーデンということですね。

ところで、ボクの奥さんは、
スウェーデンのストックホルム大学に留学していたので、
ボクも、昔、暫く過ごしたことがあるのですが、
ストックホルム大学の寮の裏の公園を散歩していたら、
リスやシカやなんかが普通にいて、
「なるほど、これが北欧か」と感動したものでした。

当時、スウェーデンでは留学生も学費はすべて無料で、
寮費と生活費だけあれば留学できたのですが、
今では、留学生もけっこうな学費がかかるみたいですね。
なかなか、世界的にセチガライ世の中になってきているようです。

ということで、
スウェーデン語のお仕事あったら紹介してやって下さい。
(今、大学の非常勤でドイツ語の先生をしています)

なにより、うちの奥さん、「Europe」には相当詳しいと思いますよ。
といっても、あのへんの地域のことじゃなくて、
ファイナル・カウント・ダウンの「Europe」のことですけど・・

さらに、80年代バンザイ!

ここ最近、ココロは80年代なのだけれど、
やはり、まるまる自分のティーンズ時代なので、
当時は、否定的に考えていたこと(音楽)でも、
遠く離れてみれば、愛おしく思えるものです。

時は、バブルだったらしいけれど、
ボクは、個人的に、とてもビンボーでした(何度も書くけど)。
よく、バブル時代はああだったとか、こうだったとかいうけど、
全然知りません。身に覚えがありません。
だって、逆さに振ってもカネなかったもんね。
(もうね、ホントになかったのよ)

なので、あの頃はよかっただの、今は大変だのって、
ホントはよくわからないんですよね。
でも、まあ、今だって、そんなにかわんないけどね。
債務整理の相談をしていて、
「ボクの方がよっぽど質素な生活をしているんですけど」と思うもの。
人それぞれなんで、いいんですけどね。

まあ、書くことがないということです。

んじゃまた、

完コピ途中情報

今年は、「完コピ」の年として、
日々、完コピ道に邁進していますが
今は、ベンチャーズに取りかかっています。
ベンチャーズからの課題曲は、次の10曲

「パイプライン」
「ダイアモンドヘッド」
「急がば回れ」
「パーフィディア」
「キャラバン」
「10番街の殺人」
「アパッチ」
「ワイプアウト」
「ドライビングギター」
「クルエルシー」

ま、個人的には、当然、影響を受けたという世代ではないし、
そもそも、ベンチャーズにそれほど詳しいわけでもなく、
どちらかといえば、加山雄三からのベンチャーズなのだが、
まあ、ロックおじさんたちの「共通言語」としてね、
やっぱ、知っておいて損はないかなと。

なので、ソロ側だけでなくて、
バッキング側のコピーにいそしんでいます。

でも、なかなか、楽しいですよ、
で、結構、難しいし(キャラバン弾ける気がしない~)

ま、一般の方には、特にお薦めはしませんが

音楽の時代と風

今日も、年寄りのように5時前に目がさめてしまい、
いつものようにコーヒーを飲み、
ユーチューブの映像を見ながらギターを弾いていました。
昔、はじめて映像を見ながらコピったのは、
高校2年生のとき、ライブエイド。

ホール&オーツ / マンイーター
(再生音でかいです)

これ、当時は、完コピしたと思っていたけれど、
今、見てみると随分違いますね。

で、これを見て、今日は朝から1985年モードに入りました。
デビッドボウイも、やっぱカッコい~な~
とくに、このバージョンのヒーローズは最高だと思います。
是非、最後まで聴いてみてください。
(これはバンドでやってないけれど)

デビッド・ボウイ / ヒーローズ

あと、なんといってもライブエイドといえば、クイーンだったね
当時は、燃えたもの
今、クイーンは1日聴くと疲れますが、
半年後に、また1日聴きたくなります。

クイーン / ライブエイド1985

さて、いろいろとフェスがありますが、
なんといっても、同時代のフェスといえば、これかな~
初めて、完徹をしたもんね。
CMばっかりでウンザリだったけれど。
「南こうせつ、お前はもういい」と何度も思ったもの。
今は亡き逸見さんもね。

ボクのベストフェスは

1・バングラディッシュ
2・ラスト・ワルツ
3・ライブエイド1985

ってな感じでしょうか
だって、ボクは、80年代ミュージックシーン肯定派ですから(キッパリ!)

ということで、さっきDVDをアマゾンで買っちゃいました。
また今度、じっくり見ようっと!

ちなみに、会場となったウェンベリー・スタジアムでは、
後に、バックパッカーをしているときにストーンズのライブを見ました。
チケットが、ツーリストインフォメーションで売っていたのが、びっくりでしたが、
オールスタンディングだったので、早くからいき、かぶりつきで観たので、
めっちゃよかったです。

アンプを買うなら

ギターのアンプも欲しい(欲しい欲しい病だ~)

前まで持っていたフェンダーのバレットリバーブを
ハープ吹きのトモダチに売ったので(調度良いくらいのサイズだったから)、
手持ちのアンプがVOXの4000円くらいの
小型アンプだけになってしまった。

これ → サウンドハウスのページ

暫くはこれでいいかと思い使っていたが、
いかんせん、まあ、それなりのサウンドである。
やはり、これに比べればフェンダーのバレットは
まっとうな、ちゃんとしたアンプだったな~と実感する。
で、やはり、新しいアンプが欲しくなって調べているのだが、
どうせなら、「ライブで使えるヤツがいい」などと、
ライブの予定もないのに、勝手に妄想を膨らませています。

最右翼は定番のフェンダーのブルースジュニア

ブルースジュニア → サウンドハウスのページ

一番食指が動かされているのが、
フェンダーのプリンストンリバーブ(以下、「プリリバ」という。)

プリンストンリバーブ → サウンドハウスのページ

スパー・ソニックなんかもよさそうだけれど、ちょい大きいかな。

スパー・ソニック → サウンドハウスのページ

まず、
プリリバのレトロなルックスが好みであることと、
普段、スタジオでデラリバを使っているので、
「小型のデラリバ」という感じで使いやすそうだし、
アンプをチェックするのに、一番、重要な項目は「重量」なのだが、
これは、まあ10キロ半ばなので問題なく持ち運びもできる。
エフェクターで歪ませるつもりなのでクリーントーンさえあればよく、
それでもって、ブルースやR&Bをやるときはこのまま使えそうだし、
プリリバは、なかなか優れものっぽいのだ。

ということなのだが、9万か~
中古で、6万くらいで出てくれば買いなのかな~

う~ん、お酒やめて500円玉貯金するかな~
「なにげなく」使うお金よりも、「ここぞ」のマネーだもんね

ということで、
どこかでライブする予定でも入れば、弾みがつくんだけれどな~
と、モンモンしている今日この頃でした。

モンモン、モンモン・・

文学的思考と法律的思考

今は司法書士という法律に関係のある仕事をしているが、
ボクは、文学部出身なので、
基本的には、自分は「ブンガク側のヒト」と思っている。

ホウリツ的に思考する場合には、
当為(あるべき、ought to)の世界を突き詰めていくのだが、
ブンガク的思考では、当為の世界はどんどん狭まってくる。
文学とは、極論をいえば、
過程を描写することに他ならないので、
何事も全てはそうなるべくしてそうなったということになり、
そこに善も悪も、是も非もなくなる。
逆にいえば、善も悪も、是も非もあるが、
その判断がなくなるといってもよい。
そこが、法律の世界とは決定的に異なるし、
それが文学の醍醐味であるとボクは思う。
そして、勿論、人生は、だいぶ文学に寄っている。

さて、こういう仕事をしていると、相談を聞いていて、
「それは法律のモンダイではないんだけれどな」
と思うことがしばしばある。
相談者に、
「それは法律のモンダイではなく、人生のモンダイである」
と実際に言うこともある。
あるいは、
「法律的に解決できても、
それが、あなたにとって良い解決かどうかはわかりませんよ」
ということもある。

ボクに人生相談をされても
より良い人生の為の答えなんてたぶん何一つ持っていないけれど、
それが、法律のハナシなのか、人生のハナシなのか、
判断する一材料として、ご質問して頂けたら、
いいのかな~と思っています。
話をするだけで楽になるというのなら、
それはそれで全然いいしね

コール・ミー・プリーズ、イフ・ユ・ライク

でも、「発言小町」の方が面白いかもね

青春はかくも遠くになりにけり

いじめのニュースについて
「自分の時代はどうだっただろう」などと考えてみたけれど、
もう、自分の思春期の頃のことなんて、
まったく思い出せない程、忘却の彼方へ過ぎ去りました。
よく考えれば、もうリアルに親の年齢なんだものね。

なんとか思い出せるのが、せいぜい大学に入ってからのことかな。
まあ、人生を2分の1にしても22歳なんだから仕方ないよね。
昭和から平成に変わったけれど、まだパソコンも携帯もなかった時代、
若さゆえに、多くの人を傷つけて生きてきたような気もしますが、
まあ、たぶん、フツーくらいじゃないかな。
昔から、それほど、多くの人とつきあうタイプではなかったし、
自分なりに真剣に、精一杯生きていたしね。

それにしても、
今も会うことのあるトモダチも、もう会うことのないトモダチも、
皆、若くて青春だったんだな~と、しみじみ思います。
昔のトモダチが、皆、健康で、幸せなら嬉しいです。

皆さん、元気ですか?
ボクは、相変わらずです

佐野元春/希望

水ぼうそう後記

ということで、
我が家はムスメが水ぼうそうになったので、
この連休はゆっくりと過ごすことになりました。
だんだんとカサブタになっているので、
たぶん、土曜日あたりがピークだったのかな。

4月に、保育園に行き始めてすぐに熱を出したときは、
夫婦ともども、40度以上の熱にうなされて大変でしたが、
(ムスメはすぐに治ったが、大人はなかなか治らなかった)
今回はそれほど大変ではなかったかな

熱もあまり出なかったし、
もっとブツブツなると思っていたけれど、それほどじゃなかったし

逆に、元気なムスメに、「どっかへ連れて行け」とせがまれて、
人混みにつれだすわけにもいかず、ずっとドライブしていました。

ということで、ムスメは、また一歩大人の階段を上ったみたいです。

嬉しくもあり、寂しくもありですね

パンダと新党の名前

自分の子どもが生まれたとき、その手のかかりように、
「どうして、こんな無防備な種が生き延びてこられたのだろう」
と不思議に思ったものだけれど、
最近になって、ヒトは10カ月もお腹の中で過ごし、
それなりに丈夫になってから、生まれてきてるのだなと納得しました。

ボクは、初回を除き、妊婦健診も皆勤賞だったので、
胎児の成長の過程は把握していると思うのだけれど、
やはり、3、4カ月で生まれてきて、
それを育てるのって想像しただけでも大変だなっと思います。
逆に、それでも現代まで生き延びているパンダも凄いヤツですね。

さて、

マナムスメは、昨日の夕方、保育園から電話があり、
水ぼうそうになったということで、今日から保育園は暫くお休みすることに。
今日は、朝から、心配で何度か家に電話を入れるのだけれど、
本人は、いたって元気な様子で、とりあえずは一安心です。
やはり、もともと大きな子(3444グラム)だったからか、
今まで、スクスクと元気に育ってくれていますが、
とにかく、女子なので、アトにならないように気をつけないとね。

この連休は、キャンプに行く予定でしたが、
家で、ゆっくりと過ごすことになりそうです。
それも、また良しですね。

あと、新党にちなんで、
うちの事務所の名前をつけるとしたら、「ムスメの健康が一番」でしょうか。
う~ん、こういうのって、どうしようもなく、イタイネ。

やっぱ、何事もセンスって大切なのだなっと思い知らされます。

それにしても、一番驚いたのは、
民主党は、次の選挙でも、「マニフェスト」」って言葉を使うつもりなんですね。
もう、いい加減、「公約」に戻せばいいじゃんと思うのだけれど、如何?

キラキラネームに思う

子どもの名前に、変わった漢字をあてたりすることを
最近は、キラキラネームっていうんだね。

なるほど、確かに、キラキラしているものね。

ボク自身、「光」(ヒカリ)という、
当時の男子ではあまりなかった名前な上、
小学校の時の校歌で、「風は走るよ 光は踊る」というフレーズがあり、
その度に、「踊れ踊れ」とばかりに振り返って見られるのが、
とてもイヤなものでした(今は好き)。

自分の子に、とても和風で古風な名前を付けたのは、その反動かしら。
でも、そういうのも、将来、逆に娘に怒られるのかな~。

それにしても、業務上、氏の変更というのはあるけれど、
もしかしたら、将来は、名の変更という手続きができるようになるかもね。

休日の過ごし方 ~ おやじバンドライフ ~

最近は、ゴルフだけではなく、
マラソンで接待なんてこともあるようで、
いろいろとおじさんたちの付き合い方も広くなってきましたが、
ボクの場合は、おやじバンドということになるのでしょうか。
まあ、これは、まったく仕事的な付き合いではないけれどね。

120708_121117.jpg
(エレキはフジゲンのシンラインです。後ろにチラと見えます)

2本持っていくのって、結構大変なのよね~

ということで、

これは、ボクが後から参加させてもらっているバンドで、
j-POPやなんかをやっています

また、ロックやブルース、R&Bなどもしたいので、
北摂の元バンドマンのおやじの皆様、一緒にしませんか?

関大前あたりで

おっさんの体重のハナシ

(どうでもいいハナシ)

今の体重は75キロ(身長177㎝)あるかないかくらい。
たぶん、パっと見た感じは、全然、太っているというのではないけれど、
脱げば、なかなかリッパなものがお腹周りについてしまっています。

大学時代は、65~68キロあたりで、
たぶん、その頃の感じが一番ベストなのかな。
日頃、お金がないときはそれなりに痩せていたし、
良いバイトが入ってお金のあるときは太っていたような気がします。
空港で働いていた頃は、関西空港を所狭しと走り回っていたので、
60キロ近くまで落ちたことがあるけれど、さすがに力が入らなかったから、
そこまでいくと痩せすぎということになるのだろうね。

今は、たぶん、一般的な中年男性に比べると、
食べる量も、飲む量も、かなり少ないと思うのですが、
もともと太りやすい体質なのか、
運動不足で基礎代謝が落ちたせいか、
特に、事務所を独立してからは、
電車に乗ることもなく、移動はもっぱら車となったので、
絶対的な運動量が減ってしまったのが原因だろうね。

なんかね、運動するのが億劫なのよね~。
昔は、走ったりなんやかんやと運動していたのだけれど、
根っからの文系気質なのか、
体育会系的なことはなるべく避けて生きていきたいのです。

とかなんとか、70キロを切るくらいまで痩せたいな~、

ぶつぶつ・・・、(これでストンと終わり)

あ、そうそう、明日は、愛犬7(ナナ)の誕生日です。
7月7日生まれで、ナナです。男です。

nanaface.jpg

かわい~

あ~、ホルモン食べたい

最近、ボンクラ、行ってないな~
そろそろ食べたくなってきた

(ツイッターみたいになってしまった。でも、食べたい)

ということで、お友達の皆様、
業務ブログでは書けないようなことを一緒に毒づきませんか?

そうか、司法書士試験は終わっていたんですね

今週末が司法書士試験だと思い込んでいましたが、
今年の司法書士試験って、もう終わっていたんですね。

そうか、しまった
連絡するの、忘れていた

ということで、
○○さん、試験受けました?
頑張れましたでしょうか?

とりあえず、皆さん、ゆっくりと休んでください

今年も半ばをすぎ

おそらく、
日本中のブロガーが書くようなタイトルですが、
まあ、そんなものです。
業務ブログですもの、これ。
音楽のことばかり書いてるけれど、業務ブログなんですよ、これ。

最近、ますます、個人的な相談が増えてきて、
ますます、仕事のコトはブログには書けないと自戒しているんですってば
それに、うちで他の司法書士さんに紹介できるほどの、
革新的なことをやっているわけないしね。
まだ、1,2年目のヒトで、
「勢いで独立したけれど、なにがなんだかわからな~い」
というヒトがいれば、電話でも下さい。
たいしたことは知らないけれど、
知っていることは全部教えてあげますから。(免責でお願いします)

それはそうと、なんとなくだけれど、
ネットからの問い合わせが減っているのかなっという気がする。
やはり、競争が厳しいからね~
そのかわり、口コミというか、
お客さんからの紹介が増えてきているのかな。

まあ、なんにしろ、依るところが分散するのは良いことですよね。
依存は不幸の第一歩だからさ

さあ、後半戦も頑張ろうっと
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市