人生は素晴らしい

ということで、AKBとは違い、
世間ではまったく注目されていませんが、
昨日、佐野元春のニューシングルが配信になり、
我らが、元春ファンは、日本中で、昨日からヘビーロテ中なのです。

元春新曲「ラ・ヴィータ・エ・ベラ」特別サイトへ
(ライブ会場で盛り上がっているヒトの1人がボクです)
(再生が重かったら、HDをクリックして、オフにして下さい)

いや、うん、もうね、昨日、車で法務局行ったり来たりしてたので、
少なく見積もっても、50回は聴いたのだが、
なんというか、やっぱ、いいね!

やはり、フックが効いているというか、
シンプルなんだけれど、実は複雑な曲だよね、これ。作り込んでるよ。
「学園ソング」かなと思わせるようなイントロから始まるのだけれど、
同じリフをずっと鳴らしながら、どんどんと展開していって、
最後にはハードロック張りに激しくなっちゃうのよね。

ちなみに、一昨日からCMで流れています。
トヨタのCM「Mark X」

あと、最近、昔と歌詞のリズムの置き方が、
少し変わってきたのかなと感じるのだが、違うかしら?
バックに合わせず、平坦に言葉を置いていくことで、
逆に、歌詞が浮かび上がってくるというか、
そんな感じがするのですが、如何?

さあて、来週はotodamaフェスですね

元春と奥田民生、レキシに真心ブラザースって、
凄いラインナップだな~、
あと、子供バンドも!
うじきの「サマータムブルース」で泣く予定
「あんたは、まだまだ子供だよ~」ってね
スポンサーサイト

夏の読書日記 その2

120827_141757.jpg

スタックス・レコード物語 / ロウ・ボウマン

ということで、この夏は、もう1冊、本を買いました。
(楽譜やギター専門誌は除く)

こういう本って、
どれくらい売れるのかわからないけれど、
最近、スタックスやモータウンや、
チェスやアリゲーターやなんやら
といろいろとレーベルに関心があるので、
大変興味深く読みました。

ブッカー・Tってインテリだったのね~。

オーティス・レディングが死んじゃうところとか、
キング牧師が撃たれた後の一体感の喪失や、
はたまたアイザック・ヘイズの用心棒の傍若無人あたり、
とても、面白かったです。
逆に、ウィリアム・ベルの育ちの良さが伺い知れました。

しかしなんだ、アトランティックとの契約など、
あらためてアメリカの契約社会というか、
契約書1枚の怖さを思わされました。

ということで、こういう本ばっかり読んでいるのです。

夏の読書日記 その1 

120823_081347.jpg

ライブハウス「ロフト」青春記 / 平野悠

「こんな若いヒトが経営していたんだ」というのが第1印象で、
「やはり、左翼思想はパンクに行きつくのか」というのが読後感である。

学生時代、ディープに左翼活動をしていた作者が、
26歳の頃、出版社を追い出されて、生活手段獲得のために
ジャズバーを始めるあたりから物語は始まるのだが、
西荻、荻窪、下北、新宿とライブハウスを展開していく勢いが凄い。
自分なんて、もう5年も事務所をやっているのに、
まったく、事務所が大きくなる気配もなく、
「成功する人は成功欲に溢れているのだな」と納得しました。

しかし、ライブハウスなのに、ライブでは儲けはほとんどなく、
居酒屋(飲食業)の稼ぎがほとんどだったというのを読むと、
なかなか好きなことで経営をすることの難しさを感じさせられます。
自分に置き換えていえば、なんとか事務所を維持できている理由は、
好きで事務所を経営しているわけではないからかとも。
いずれにせよ、経営というのは、難しいですね。

それにしても、ボクは、結局、一度も政治の風に吹かれることもなく、
40年以上も生きてきたので、実際のところは、よくわからないけれど、
結局、パンクにゆきついていく作者の気持ちはわからないでもない。
昔から思っていたけれど、フォークとパンクは紙一重なのである。
少なくとも、同じ趣向性があるものとして、カテゴライズできると思う。
(ハードロック、ヘビメタ趣向は保守に向かう気がする)
それに比べ、ブルースやR&Bは、
例外はあれども、基本的には右にも左にも寄っていかない。
良悪善悪ではなく、喜怒哀楽の音楽だからね、ブルースはさ。
それが、まあ、心地良いのかな、自分には。

ということで、こういうのを読むと、
「オレも、なにか音楽関係の仕事がしたいな~」と悪魔が囁きますよね。

いけない、いけない

横浜今昔物語

浪人時代に、暫く、磯子にある建物解体屋の飯場に入って、
日々、横浜界隈の家を、バールを振りまわして壊していたので、
横浜は、今でも甘酸っぱい思い出のある街である。

でも、今回の目的は、横浜アンパンマン・ミュージアム
物凄く利益率の高そうな商品が並んでいて、
物販の購入意欲はそそられませんでしたが、
ムスメが、喜んでいたのでよかったです。
(このあと、一日中、ずっと、アンパンマンの歌を歌っていた)

とりあえず、今は、アンパンマンに夢中なのだが、
いつまで、アンパンマンが好きなんだろうね。
次は、プリキュアか、ポケモンか、はたまた違うものか。
まあ、なんだって喜んでくれるなら、出かけるさ。

(それにしても、首都高怖かった)

いろいろあったお盆休み

さて、お盆休みも明け、
今日から、このブログも再び更新していきます。

このお盆休みにはいろいろありました。
良いことも、悪いことも。
凄く良いことも、凄く悪いことも。

また、随時、いろいろと書いて行ければいいと思います。

私信 キヨちゃん
メール打つのが苦手なので、
ブログで済ませちゃいますが、
石川二三夫、小出斉、良かったのね~。
行きたかったな~
関西に来ないかな~

ホント、また行きましょうね

ということで月曜日

ということで、今日も仕事ですが、
オリンピックは終わりましたね。
結局、というか、やはりというか、
そんなにライブで見ることありませんでしたが、
(だいたい朝のニュースでまとめてみる)
なんといっても、ボルトが凄かったですね。

それにしても、
日本の女子の選手はみんな可愛いですね。
可愛らしいというか、可愛いというか。
やはり、自分の子供が女の子だから、そう思うのかな。
可愛いとか、ブスだとかという概念そのものが
自分の価値観からなくなりかけている気がします。

それはそうと、今日、たまたま、
全力疾走しなければならないシチュエーションがあったのだけれど、
あらためて、アスリートを尊敬しました。
もう、数秒走ったら、体はフラフラで、足はパンパンです。
選手のプレーにごちゃごちゃいうヒトは、
3分でも、1分でも、自分で全力疾走してからにした方がいいかもね
他者を批判するなかれです。

やっぱ、体力つけよっと思う、今日この頃です。

ちょい、夏バテかな~

ということで、
ちょい夏バテかしらという感じの今日この頃、

最近、ダイエットで、あまり食べてないからかしらね

ということで、明日は、司法書士の後輩が事務所に来るので、
久しぶりに関大前のボンクラにホルモンを食べに行こうかな~
と思っています。

普通の焼肉屋さんは全然行かないんだけれど、
ホルモンは月1ぐらいのペースでムショーに食べたくなります。

根っからのリーズナブルな嗜好ですね

桜とオリンピックの季節

毎年、春になって桜を見るたびに、
「あと、何回、桜が見られるのかな」と思い、
4年に一度、オリンピックの季節になる度に、
「あと、何回、オリンピックが見られるのかな」と思う。

そういう意味で、以前は、
あまりオリンピックに興味はなかったが(テレビそのものを見なかったし)、
年をとるにつれ、なんとなく気になるようになった。
とはいっても、スポーツそのものに対する関心が凄く低いので、
一般的なヒトよりも熱心に競技をチェックするわけではないが、
以前のように、オリンピックに対してネガティブな気持ちは今はない。

でも、主な個人的な関心は競技やメダルよりも、
子どもが頑張っているのを応援している親御さんたちにある。
インタビューに応える親族を見て、
昔は「バカな親だ」くらいにしか思っていなかったが、
今は「さぞかし、嬉しいだろうな」と、もらい泣きしちゃったりする。

立場変われば意見変わるものである。

ということで、
願わくば、アニマル浜口のような親になりたいと思う、今日この頃でした。
その前に、自分が、親孝行しないとね。

我が母校 上智大学

今、東京に行くと、
奥さんの実家に泊まるのだが、
だいたい1日だけ、楽器屋めぐりに出かける。
なにも買わないときの方が多いんだけれど、
それでも、憧れの楽器店にいって、
オノボリさんみたいに、あれやこれや試奏させてもらう。
そういうときは、あらかじめ
狙い目のギターをプリントアウトして、
「この楽器まだありますか?」とピンポイントでお願いすると、
楽器屋も、本気だなっと思い、嫌な顔はされない。
(是非、お試しを)

で、お茶ノ水を一通り回ると、
四谷に出て、母校・上智大学のまわりをブラリと散歩する。
在学中には、あまり意識していなかったけれど、
すごく良いロケーションだよね、あのへん。
ボクは、中学高校にはあまり思い入れはないですが、
それなりにハードな浪人時代の末入学したからか、
大学には母校という意識が今でもあります。
(特に、2号館の佇まいが好き)

で、また渋谷の楽器屋さんへと出陣
去年は(ん、一昨年かな?)、吉祥寺にも行ったな~。
(このギターは学生時代、吉祥寺の三鷹楽器で買ったのだ)

110807_125924.jpg

で、最後に下北沢でブラブラするというのが最近のパターンです。

東京に5年住んでいましたが、
だいたい、その辺か、もしくは高円寺あたりを彷徨っていました。

渋谷はだいぶ変わってしまった感じがしますね。
六本木なんて2回くらいしか行ったことないから、
今も昔もわかないですけど

5回目の夏

ということで、
うちの事務所も5年目なので、
うちの事務所で夏を迎えるのも5回目なのだが、
しかしなんだ、暑いね~

今年も、夏は東京に行くと思うのだが(多分、行く)
犬が2匹いるので、やはり車が便利ということで、
高速道路を、愛車の軽自動車で、西から東へと走らせるのですが、
やはり、未だに、結構、緊張しちゃいます。
なんかあったら、継続中の案件のお客様、困っちゃうものね。

でも、
そうならないように、安全運転していますので、
ノロノロ走っている緑の軽自動車を見かけても、
どうか、アオらないでやって下さい。

どうでもいいんだけれど、
7月末は、不動産登記で結構忙しかった。
まるで、司法書士事務所みたいだ!
っとびっくりです

お盆まで、もう、少し頑張ろうっと
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市