文科系からみた体育系の不思議な世界

シリアスな時事の話題に言及するのも、
なにかとアヤウイのだが、
生粋の文科系のボクとしては、
体育系世界の、昨今のハナシは、
上にも下にも、右にも左にも、内にも外にも、
よくわからないハナシである。
まあ、それゆえに体育会的なものを嫌悪し、
可能な限り避けて生きてきたわけですけどね。

いずれにせよ、
自分のやっていることは、やりたいことであり、
やっていないことは、やりたくないことである、
というようなシンプルな世界がボクは好きです。
ヒトはやりたいことをすればよいのである。
スポンサーサイト

何故か忙しかった1月でした

今月は、あまりブログは更新できませんでしたが、
ほんと、ちょい忙しかったんだってば!

うちは、どことも提携していないので、
どこかの都合で振り回されるようなことはないのですが、
客が客を呼ぶっていうのか、
なんか、同じような依頼が連続して入るのよね。
そういうことってありますよね。

で、今月は商業登記ばっかりやっていました。
なんか、気持ち的には、
昨年の半年分くらい、商業登記を申請した気がする。
(あくまで、気がするだけですが)

商業登記か~、司法書士事務所みたいだな~

やはり、今年は、もう一度原点に戻って、
登記に力を入れることになりそうです。

佐野元春ライブ評 ~ウィンターツアー 神戸国際会館~

ということで、当然、神戸公演行ってきました。
同じホール(神戸国際会館)では、「星の下 路の上」ツアー以来、
神戸では、あの酸欠のチキンジョージ以来ですね。

---以下、ところどころネタばれありです-----

さて、今ツアー、
ツイッターで(元春関連のツイートを読むためだけに登録しています)、
他の会場では結構空席があるというツイートを読んで心配していましたが、
この日は、3階席までほぼ満席で、ほっとしました。
でも、今ツアー、関西ではここだけなので、
たぶん、関西中(西は岡山から東は名古屋まで。あるいはもっと・・)
の元春ファンが集まったのですね。

で、ライブはもちろん良かったのですが、
今回は、コヨーテからの曲は控えめで、古い曲中心のセットリスト。
いきなりの「スターダスト・キッズ」にノックアウトされるも、
なんというか、コヨーテの曲ばかりだと、他のアルバムの曲が聴きたくなり、
コヨーテの曲が少ないと、もっとコヨーテを聴きたくなりといった風に、
ファン心理は複雑なのものですね。
今回は3月発売の新譜「ZOOEY」から、
未発表の新曲「ポーラスタア」があり、
これがまた名曲の予感を感じさせる曲でしたよ。

で、ライブ。
ここで、「元春ブラボー!」なことばかり書いても仕方がないので、
長年のファンなりに、批判的なことをいえば、
全体的に思ったのは、ブラス(サックス・トランペット)を入れないのならば、
完全にアレンジをコヨーテ・バージョンにしてしまえばいいのにということ。
「コンプリ」しかり、「99」しかり。
「約束の橋」は、少し前から、サックス抜きのアレンジにしたり、
リズムも変えているので、新鮮に聞こえて、とても良いと思う。
「コンプリ」だって、グル―バーズとの共演バージョンは素晴らしいのだから、
きっと、コヨーテに合うアレンジがあるはずである。期待したい。
ラストも、「悲しきレイディオ」からメドレーにはいるのは、
やはり、サックス抜きではつらい。
というか、もう従来のバージョン(構成)が体に染みついているので、
どうにも身動きが取れなかった。(もちろん、大声でフッフーしたけど)
ならば、「悲しきレイディオ」も原曲どおりサクっと終わり、
もう1曲元春クラシック(「彼デリ」とか、「ハッピーマン」とか)
をかぶせた方がよいのでないか。

あと、なぜか元春は、
メンバーがソロをまわせるジャム曲
(「大人になった」とか、「99」とか)を1曲入れるのだが、
ファンはソロ回しなどあまり期待していないとは思うが、如何?
(個人的にはギターマニアなので、十分楽しめるのだけれども)
いずれにせよ、コヨーテ・バンドでは、違う曲を希望する。
できるならば、「バニファク」が良い。
「バニファク」なら、練習せずともできるハズだ。

今回はバラード系もスゴクよかった。
やはり、途中、3曲くらい座らせてもらえるのは、
老体となった、今の体にはとてもありがたい。
選曲も申し分がなかった。
「彼女」「ワイルドハート」「ハートビート」
「ハートビート」は夢にまで見た原曲バージョン、
泣くなという方が無理である。

あと、声のことを心配するヒトもいるが、
もう、そんなことはどうでもいい次元に入っている。
もともと上手い歌(きれいな声)ではないではないか。
元春のライブは、「上手い歌」を観賞する場ではなく、
「ハガネのようなウィズダム」を実体験するための場なのである。
とにかく、10年前(20周年アニバ前後)のことを思えば、
今は、いつでも絶好調である。

ということで、
今年はニューアルバムもでるし、
元春にとっても、元春ファンにとっても、正念場の年である。
是非、ニューアルバムを売ろうじゃないか。
せっかくのニューアルバムも、何もしなければ売れないのだ。
(あの世紀の名盤「The Sun」だって売れていないし)
やはり、ここは我らディープなファンは身の回りにいる、
「昔、ファンだった層」の掘り起しをしなければなるまい。
そして、各会場をソールドアウトにしようじゃないか。
潜在的なファンは日本全国に30万人位いると思うのだ。
(うん、達郎のベストが売れたぐらいはいるはずだ)

やはり、ヒットが必要だな~、うん、ヒットが。

でも、個人的には、ホールよりも、ゼップぐらいの会場で、
ヘビーな音圧のライブを楽しみたいという思いもあるのだけれど、

蛇足、
サムディのソロだけ、ダディーに吹いてもらうわけにはいかないのかしらね。

しかし、寒い

ということで、連日の投稿です。

しかし、寒いね。
うちの事務所は、うちっぱなしなので、ホント寒いのですよ。

なので、事務所に来られるかたは、
しっかり着こんで来て下さいね。
車の中にコート置いてきちゃダメですよ。

元春はじめ

迎、元春!

ということで、
今日は、平成25年の元春はじめということで、
神戸国際会館に行ってまいります。

1階の中央、前から10列目ぐらいです
むひゃー

今年はヒット曲が出ますように

しょっぱなから停滞しているブログ

ということで、
不祥事を犯した芸能人のように
ブログの更新が停滞していますが、
これは、ただ単にさぼっているだけで、
なにかやらかしているわけではありません。
また、ちゃんと書きますね~

さあ、今年も頑張ろう!

ということで、
今年もはじまりましたね。

今日の午後から、吹田市役所の無料相談員。
まあ、ほぼボラですが、
初日から新たな業務があるというのはいいことですね

今年もよろしくお願い致します。

今年の読書はじめ

ということで、
昨日、愛車の軽自動車で大阪に戻ってきました。

年末年始、一週間ほど、奥さんの実家で東京に滞在したのですが、
ぼぉーとしている以外は、犬の散歩しかすることがなかったので、
新宿の紀伊国屋で、これを仕入れてきました。

130105_091101.jpg

うん、やっぱ、らもちゃんは最高や
今年の目標にしよう

で、勢いにのって、もう1冊、これも買いました

130105_093049.jpg

ロングフェイス・ピート!

まあ、ヒトの好みというのは変わらない。
そういうことですね
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市