佐野元春&コヨーテバンド 大阪フェス最前列参戦日記

ということで、あれから5日過ぎましたが、
いまだに興奮さめやらボーっとしています。
なんといっても、一番前の席で、
まさに手を伸ばせば届く距離で観たのである。
興奮するなっという方が無理だ。
(一番後ろの席でも興奮するのに)

とはいっても、最初の方は結構落ち着いていました。
というのも、席が元春の若干右斜め前のアッキー寄りで、
調度「悲しきレイディオ」のイントロでジャンプするあたりだったのですが、
予想はしていたものの、良席ゆえ、音のバランスが悪く、
ドラムの他は眼前のアッキーのギターがラウドに聞こえるばかりで、
特にキーボードとフカヌ―のギターがほぼ聞こえない状態、
ベースも「低音が鳴っているな」という感じでした。
ボーカルは「今日は調子がよさそうだ」くらいには聞こえていたかな。
でも、もちろん、「アンジェリーナ」「スターダストキッズ」からの
「ダウンタウンボーイ」の3連発に盛り上がらないわけがありません。
(神戸も行きましたが、何度行っても興奮するものは興奮するのです)

ちなみに、今回はゾーイからの曲を除けば、
ウィンター・ツアーと同じセットリストだったのですが、
ボク的には十分に予想できたことなので全然OKです。
昔から元春はあまり意外なことはしないのです。
去年のビルボードもそうでした。
経験上、意外なことをしても上手くいかないと思っているのだと思います。

で、結局、音自体は前半の間はあまり向上せず、
「虹をつかむ人」ではアコギが薄くしか聞こえず、
「ラ・ビータ・エ・ベッラ」では、肝心のキーボードが聞こえない。
でも、まあ、なんだかんだいっても、
当然、こちらは盛り上がっているのである。
気持ちも体も。
ほんの、2メートルほど前で元春が歌っているのだから当たり前である。

で、バラードタイム。
バラードなので、もちろんボーカルはばっちり聞こえるし、
「ワイルド・ハート」でも、シュンちゃんのキーボードもちゃんと聞こえ一安心。
そして、涙の「ハートビート」。
これもバッチシだったのですが、
この日は、全体的にボーカルが冴えていましたよね。
もう、「彼女」なんて、
「こんなに歌うまかったっけ」ってくらい。
かえって、今の声になったからこそ、
昔の曲にフィットしてきた印象を受けました。
神戸の時と比べても、断然ボーカルが素晴らしかった。
30周年のときよりも調子良かったんじゃないのかっと思うくらい。

そして、後半戦がスタートするのだが、
「コンプリ」「99」になっても音が良いではないか!
ということで、「ナポレオン」以降はもうぶっ飛んじゃって大騒ぎって感じ。
45歳のおっさんがあれだけ大騒ぎできるのもライブ会場の特権である。
「ナポレオン」からの「約束の橋」は圧巻のヒトコトで、
「約束の橋」のサビで元春も血管が切れるんじゃないかってくらい、
力を込めて、「いま~まで~の」って熱唱していました。
そんで、この日の「ロックンロールナイト」も最高(キリがないな~)。
神戸で観たときは、ギター1本でブラスをなぞるのは、
少々辛いのではないかと思いましたが、
この日の演奏は、そんなボクのつまらない批評なんて、
まったく寄せ付けないくらい素晴らしかったです。

そして「サムディ」なのですが、
どうして「サムディ」のイントロであんなに感動するのかね。
毎回毎回、わかっているのに感動する。
もう、ドラムのフィルだけでドヒャーって感じになる。
そして、本編ラストは我が愛唱歌「ヤング・ブラッズ」。
余程調子良かったのか、転調部分をオリジナルのラインで熱唱。
ん~、満足。

以下アンコールも同じ感想なので割愛しますね。
とにかく、サイコーでした。

教訓としては、音を楽しむのであれば、
15列目くらいがいいのではないかと思いましたが、
でも、最前列か15列目か、どちらを選べっていわれると、
もちろん最前列を選ぶけどね。
そういうものです。
こちとら、筋金入りのミーハーなんだからさ。

ということで、自分も全曲大声で歌うので、
コンサートが終わるといつも、
「あ~、もっと聞くことに専念すべきだった」という後悔があるのですが、
この日も同様にずっと大声で歌って、やはり後悔しました。
いつまでも学習しないのである。

ということで、元春フォーエバーですね。
スポンサーサイト

司法書士専門のホームページ屋になれないかしら

ということで、
今月はホームページのリニューアルに専念しています。

デザインはまだこれからですが、
PCからアクセスしてくれたヒトはPCサイトに、
スマホからアクセスしてくれた人はスマホサイトに自動的に飛ぶように
PC用のサイトを一から作りなおし、
そしてスマホ用のサイトを新たに作っているのです。
ソフトはホームページビルダーの17。
(6年前に初めてホームページを作ったときの12とは隔世の間がある)

とりあえず、

相続のサイト

債務整理のサイト

をやっつけました。

内容は取っ散らかっていますが、
とりあえず、スマホのサイトに飛ぶでしょう?
(知り合いのヒトは試してね)

さあ、次はメインのサイトだ。
50ページ近くあるのよね~

頑張ろう!

ということで
日本全国のめんどくさがり屋(あるいは忙しすぎる)同業者さん、
どうです、お求めやすいお値段で頑張らせて頂きますよ。

三つ子の魂のままに

明日の23日で45歳になる。
こんな年になると、誕生日といっても、
特に目出度いわけでも、嬉しいわけでもない。
ただただ、よくぞ、この年までサーバイブできたものだ,
と思うばかりである。
このささやかな我が人生、
必ずしもなりようになったわけではないけれども、
やりたいようにはやってきたので悔いはない。

ハナシは変わって、
娘はどうも集団行動が苦手なようで、
皆の中にいて遊ぶことは問題がないのだが、
集団として規律に従うことに上手く馴染めないようだ。
DNAというものはおそろしい。
親としては、一筋縄ではいかないものだと思いながらも、
「精神性までよく似たものだ」と笑ってしまう。

ボクはこの年になっても、集団や団体が本当に苦手である。
昔からずっと苦手で、サラリーマンのときは組合にも入っていなかった。
嫌なら辞めればいいと思っていたし、実際にそうした。
司法書士になったときには、そういうことにも慣れなくてはと
最初は出来るだけいろんなところに顔を出していたが、
やはり徐々に足が遠のいてしまった。
向いていないものは向いていないのだ。仕方がない。
別に人嫌いじゃないし(人好きというわけでもないが)、
マンツーマンで付き合う分には全然問題ないんですけれど、
集団の中の一員でいるといつも必ず息苦しくなるのだ。

この性格はたぶん今後も変わらないのでしょうね。
まあ、やっかいな性格ですが自分のことは大好きです。

ということで、
娘にも自分自身を大好きになってくれればいいなと思う、
44歳の最後の日でした。

佐野元春「ZOOEY」雑感4 ~「世界は慈悲を待っている」

世界に無数の「世界は○○を待っている」がある中、
元春は、ここに「慈悲」を持ってきました。
英語タイトルは「Grace」。
普通は「慈悲」なら「Mercy」かと思いますが、
それがなんとも元春らしい。
おそらく、タイトルは後付けなのでしょうね。

アルバムのオープニング・ナンバーらしく、
新しいことを始めようとしている人へのオマージュソング。
「新しい誰かと出会うために、新しい場所へと歩き始めた」
というラインが気持ちを高めてくれます。

この曲のデモ・バージョンでは
「欲望に忠実なこの世界にために」というラインを、
「欲望に忠実な僕らのために」と歌っているのですが、
「欲望に忠実な」ものには「自分」も含まれているのだ
ということを自戒しなければなりませんね。

コード譜(未完成)


<基本パターン アッキー>
A(×0665×)
A(×02222)
E(021100)
E(022120)

<基本パターン フカヌー>
A(×0669×)
A(×0467×)
E(×7989×)
E(×7667×)

ライナーノーツには、E6→Esus2とあるのだが、
どうしても、EM7→E6に思えるのだが、どうだろう?
う~ん、わからん!

携帯電話今昔物語

(前ブログの続き)

ドコモからソフトバンクに変えたので、
必然的にボクも新しい携帯電話を買うことになったのだけれど、
別に携帯なんてなんでもよかったので、
よく中も見ず、適当に最新機種を選んだのだが、
(アウトドアをするので防水機能がついているのがよかった)
もうね、これ、完全に老人使用なのね。
老人使用なら、そう書いておいてよと思う。

PANTONE® WATERPROOF 202SH

まず、やたら文字が大きいのよ。
それに、通話するたびに、いちいち
「声をゆっくり」とか「声をはっきり」とか表示が出るので、
うっとうしいことこの上ない(消せるのかしら?)。

つまり、メーカーや携帯会社の意向は
「若い(もう若くはないが)やつらはさっさとスマホにしろよ」
ってことなのでしょうね。
でもさ、スマホの基本料金って、けっして安くないんじゃない?

ということで、
今まで携帯なんてなんでもよいと思っていましたが、
愛せない携帯と、これから暫く付き合うかと思うと、
なぜか、少し悲しい気持です。
次は慎重に選びたいと思います。
次はスマホかもしれませんが・・、

ということで、もうすぐ45歳になります。

時代にトコトン付き合うことにしたのだ

ということで、手に入れました。

130515_153746.jpg

ipad mini

まあ、マックを手に入れただけで時代がどうのこうのというのも、
それこそ時代錯誤なハナシですが、もうね、なんだって勉強してやるさ。
仕方ないじゃん、そういう時代なんだからさ。

でも、上のipad、実はタダで手に入れました。
というのも、今、docomoからソフトバンク乗り換えて、
iphone5を買えばついてくるのだ(サービスは選択できる)。
というか、正確にいえば、
ipadがついてくるから乗り換えたのだけれど・・、奥さんがね。
ボクはガラケーにしました(だって要らないもの)

というのも、そもそもは、
「本格的にスマホ用のサイトを作ろう」と思ったのがきっかけで、
ホームページビルダー17でホームページをフルCSSで作り直し、
それを同期変換してスマホのページが作れるという機能があったので、
さっそくビルダーの17を購入して頑張って作っているのです。

とりあえず、わけがわからないので、
最近、ほぼリアクションのなくなった債務整理のホームページを練習台にして、
頑張って、スマホ用のページを作っています。
このサイトにPCでアクセスするとPCサイトが現れ、
スマホでアクセスするとスマホサイトが現れるはずですが、如何?
(また、何か気がついたら教えて下さい)

頑張ろうっと

これから新たにサイトをつくるなら、まずスマホ用からですね

不在の存在

昨日は久しぶりに、
佐野元春以外のコンサートに行きました。

130511_165356.jpg

「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」というコンサートなのでしたが、
世界は、完全に矢野顕子の世界。
やっぱ、何十年もやっているアーティストってすごいね、みんな。
そして、ゲストの奥田民生が、
スローバラードを素晴らしく歌いあげてくれました。

ライブはいいですね。
もうちょっと安ければ、いろんなライブに行けるのですが・・、

さて、再来週は元春だ~
今日から、元春ヘビロテで行こうっと・・、

ミュージシャン自叙伝シリーズ

130511_062758.jpg

ということで、二ール・ヤングの自伝も原書で購入しました。
ペーパーバックの方です。

十全に理解しながら読めるかといえばそうでないのですが、
慣れてくれば、だいぶ展開を理解しながら読み続けられるようになりますね。
まあ、もちろん、ピート・タウンゼントや二ール・ヤングのことは、
もう十分に知っているってことが前提ですが。

それにしても、「WAGING HEAVY PEACE」ってどう訳しているのかしら?
もう、翻訳本が出ているので、答えはあるのですが、
それは後のお楽しみで、とりあえず頑張って読もうっと。

二ールは、ピートに比べてちょっと暗いですね

読書のGW

130505_170534.jpg

左)金子光晴詩集 右)金子光晴/絶望の精神史

ということで、
最近、折に触れて手にする本です。

どちらも、随分、昔に買ったヤツですが、
こういう本って、「一生モン」というか、
フイに読みたくなるし、
それで読むたびに得る印象が違うので、
ホントにずっと楽しむことができます。

さて、金子さんが生きていれば、
平成はどんな時代だと思うんでしょうね

コンナハズはドンナハズ

仕事上、必要あってFaceBookに登録しているのだけれど、
自分としてはメール連絡で利用するくらいなので、
特に必要のない情報については入力せずにほっておいたら、
FBのページをあけるたびに、
やれ「出身地はどこだ?」、やれ「居住地はどこだ?」
やれ「卒業した学校はどこだ?」、やれ「お前はどこで働いている?」
などという質問が出てくるので、うっとうしくて嘘八百を入力したら、
友人から「どうしたの?」「引っ越したの?」という問い合わせメールが来るくるわ

それで、また、全部削除したのだけれど、怖いね~
そんなことまで知れてしまうのね。
まあ、ボクがアホでした。

ということで、FBやラインやスマホのアプリなんかは、
国内外の情報機関に利用されているということは
それなりに知っているつもりだったけれど、
こうやって実社会との世間にからめ捕られて、
結局はシステムの側に組み込まれていくのですね。
まあ、ストリートビューがプライバシーの侵害にならないんだもん。
なんだってアリなわけである

やはりハイテクから身(プライバシー・個人情報)を守るためには、
つまりは超アナログしかないのだなと実感しました

脱コンビニダイエットを志す

昨日、写真をアップしましたが、
また太ってきたのが明らかで、ちょっとショック。
(それでも、自戒の意味を込めてアップしたのです)

意を決して、今朝、体重計に乗ってみると、
な、な、なんと78キロ(あ~)。
身長は177㎝ありますが、これは太り過ぎです。
うすうす気づいていましたが。

ということで、
自分には非体育系ダイエットしかできないと思うので、
いろいろと考えた結果、脱コンビニダイエットと称し、
これからコンビニで食料品を極力買わないという
ダイエットを試してみたいと思います。

やはり、自称アナ―キストとしては、世の逆をいかねばね。
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市