時はそこはかとなく過ぎ行きて

昨夜、夜中に目覚めて、
今度、バンドでするかもしれない
「Time after time」をコピってたら、
ふと、すごく切ない気持になっていった。
この曲が流行っていた頃、
よく遊んだほとんどのトモダチと、
もう、二度と会うこともなく死んでいくのだと思うと、
そこはかとなく徒然草の心境になってしまったのだ。
いと、ものぐるほしけれ。

中には、今でも、昔のダチと
よくツルんでいるというヒトもいると思うけれど、
ボクの場合は、そういうタイプではないし・・・。
しかし、まあ、それもまた人生(but it's my life)、
ゆきかう年もまた旅人なのだ。

それにしても、
この「Time after time」、けだし、名曲である。
それではタック&パティ―の演奏でどうぞ。
(こんな風にギターが弾けたらな~)


スポンサーサイト

肉のハナシ

(どうでもいいハナシ)

最近、スーパーに行くと娘が無邪気に、
「ねえ、今日はトリ肉、ブタ肉?」と大きな声で質問してくる。
お察しのとおり、我が家はスーパーでギュウ肉を買うことはない。
最初は単純にお金がなかったからなのだが、
今では、かなり明確にトリ肉が一番好きになってしまった。
我ながら、安い体に出来あがっているものだと感心する。

で、他所でギュウ肉を食べに行くのは、次の二つの店です。

ハンバーガーのクワ・アイナ

大阪ではなんばパークスの中にあって、
季節に一回ぐらいの割合で行きます。
クワ・アイナに行ったときだけはカロリーは気にせず、
1/2LBにケチャップとマスタードを塗りたくって、
椎名誠のようにわっしわっしと食べることにしています。
(椎名誠か、懐かしいな~)

もう、ひとつは、
ホルモンのぼんくら

これは地元の関大前にあるホルモン屋で、
世界で唯一、自分の名前が通る馴染みの店であります。
今は、月に1回ぐらいにおさまっていますが、
子供が生まれる前は、1,2週に1回くらい行っていました。
そのせいか、普通の身の部分よりホルモンの方が好きです。

ということで、
我が家でもちゃんと牛肉を消費しているのです。

古いバンドスコア 佐野元春  HeartBeat

heart beat

佐野元春 HeartBeat / ㈱音楽春秋1982年発行

これは中学生のときに買ったバンドスコア
(もしかしたら買ったのはトモダチかもしれない)

タイトルは「ハートビート」ですが、
当時バンドでやった「サムディ」や「スターダストキッズ」
なんかも入っていました。
(でも、その部分は喪失しています)

で、最近、
映画「SPEC」で流れた(らしい)「彼女」も収録されているのですが、
思い返せば、ボクがはじめて人前で歌ったのって、
この「彼女」って曲なんですよね。
ベースがバイオリンもできたので、二人で演ったのは覚えていますが、
そのときの情景は記憶の彼方に消え去りました。
というわけで、今でも「彼女」だけはピアノで弾き語りができます。
(上手く弾けているかどうかは別にして・・)

もし、楽譜に興味がある方は、
コメントではなく、メールフォームからご連絡下さいね。
書き込み等ありますが、ハートビート収録曲部分は揃っています。

(ボクもバンド混ぜて!)

追記:
今、ネットで見たら、コレの綺麗なのが2480円であった。
買い直そうかな~(あっ、終了してた)

真面目な納税者

今日もヤフーニュースでネタさがし。

で、どっかの野球選手が未成年(19歳)なのに、
酒たばこを嗜んでいたというニュースがあったので、ひとこと。

中高生ならともかく、19歳の、それも社会人を
酒やたばこぐらいでニュースにするのは、
もういい加減やめた方がいいんじゃない。
紙面(画面)割いて報じなければならないことは、
もっと別にたくさんあるだろうに。

だいたい、ニュース書いているおっさんだって、
それを、あーだこーだ非難している奴らだって、
大学に入った新歓コンパでたらふく飲んでいたくせに、
何をそんな目くじら立てる必要があるのかね~、

ボクなんて、
「今の時代、酒飲んで、たばこ吸うなんて、
なんて真面目な納税者なんだ」と感心するくらいです。

週末の事務所風景 ~あえて、ラジオの時代~

今週もそうだけれど、
土日も、午前中は基本的には事務所に出てきて、
書類作りがあるときは書類を作っちゃいます。
なければ事務所の掃除をしたり、
勉強しなければならないことをしたりします。
今日は来客もあるので、
その準備をしなければなりません。

で、その時、youtubeかポッドキャストで、
昨年からはまっている『安住紳一郎の日曜天国』を聞きながら、
上記の作業をするのですが、
ラジオを聞きながら勉強したりすると、
高校生の頃に、中間試験の勉強した頃を思い出します。
あの頃のように徹夜をする体力はもうありませんが、
早起きをする習慣が身についているので、
プラマイゼロですね。

『安住紳一郎の日曜天国』
まだ、聞いたことのないヒト、絶対面白いから聞いてみてね。
(アシスタントの女性の受けがなんとも素晴らしく感動します)
あと、インターネットラジオだと、
伊藤銀次の「POP FILE RETURNS」は必ず聞きます。
元春の、「元春レイディオ・ショー」はもちろん。

う~ん、意外とこれからは、
インターネットじゃなく、ラジオの時代かもしれんね。

また、面白いラジオがあったら教えて下さい。

ドラマはドラマ

さっき、事務所に戻ってきて、
ヤフーニュースを見てブログネタさがし。
ということで、「明日、ママがいない」に放送中止を要請――について一言。

言わんとすることはわかるし、お気持ちは察するが、
「西部警察」とかの刑事ドラマを見て育った世代としては、
「現実にはありえない」という苦情は如何なものかと思う。
以前、行政書士を主人公にしたドラマを1回だけ見たが、
そこで繰り広げられたドラマは完全に非弁行為(弁護士法違反)だった。
でも、ドラマだからいいのだ。非弁だろうと、非弁でなかろうと。
逆にいえば、仮に、ドラマの中で、
行政書士が、相続登記や会社設立登記を申請したとして(司法書士法違反)、
それがドラマならば、少なくともオレは気にしない
それよりも、あまちゃんで、80年代のタクシーの後部座席で、
シートベートされるほうがよっぽど違和感があった。

それにしても、ボクは子供の頃からかなりのドモリなのだけれど、
昔、「裸の大将」を見て傷ついたりしなかったけどな。
普通に笑って、普通に泣いて、ドラマを楽しんでいたけどね。

いずれにせよ、
テーマ・内容が過激だとして、
その表現によって誤解が生じるというのなら、
その誤解を解くための表現に力を注ぐべきであって、
特定の表現を抑え込もうというのはよくないと思います。
当たり前のことだけれど。

例えば、同じ日のニュースでいうと、
ボクには、さかもと未明氏の言うことは全然理解できないし、
彼女の意見はボクの意見とは全然違うけれども、
彼女がそう思い、そう発言するのは全然構わないと思います。
誰か他人に「お前の考え方は間違っている」と言えちゃう感覚が、
ボクにはついていけません。

ボクは、自分でも意外なのですが、
自分とまったく違う考え方の人とコミュニケートするのが結構得意なのです。
逆に、自分と同じ考え方じゃないと話せないってなると、
誰とも話せないってことになるよな。

ま、いずにせよ、ボクはそのドラマ見ませんけどね

久しぶりに紅白を(ちょっとだけ)見たハナシ

あまロスなハナシです。

で、年末年始は通常、
おくさんの実家で過ごすので、
テレビは大抵紅白歌合戦をつけているのですが、
例年は、適当なとこで、「それじゃ」と風呂に入るボクも、
昨年末だけは、あまちゃんのコーナーを心待ちにしていました。

でも、義母(81歳)は、
「よくわからなかった」といって、あまちゃんは見てなかった模様。
うちの親もそうですが、やはり、あまちゃんは、
いつも朝ドラを見るお年寄り世代には不評だったようですね。
(そりゃそうだと思います)

でも、うちにはあまちゃんにハマった3歳の娘がいるので、
心強い味方を得たボクは、あまちゃんコーナーを堪能できました。
(娘は、あまちゃんコーナーの前に寝てしまいましたが)

ということで、あまちゃんの157話、よかったですよね!

娘の成長と親の退化

娘も来月にはもう4歳、
昨年末、急速にアンパンマンに対する感心がなくなり、
バッグに付けたドキンちゃんのキーホルダーが急に恥ずかしくなったのか、
「これとって」と言われて、びっくりしました。

で、今は、「おさるのジョージ」と「ひつじのショーン」に夢中です。
プリキュアは、グッズには感心があるようですが、
テレビのアニメにはさほどといったところでしょうか。
それよりも、「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」を見たがるかな。
「クレヨンしんちゃん」の存在はまだ知りません。

一方、親といえば、一昔前は、
政治や歴史や経済にも人並みの関心がありましたが、今はさっぱり。
すっかり身近で、卑近なテーマにしか興味が持てなくなりました。
それにしても、大阪人としては、
たかじんが亡くなったことには一抹の感慨がありますね。
当たり前だけれど、みんな死ぬんだなと改めて思い入りました。
もう、たかじんはいないのである。
う~ん、やはり、にわかには信じられない。

まあ、我が身を省みて、男としては、娘が自立した後は、
奥さんより少しでも先に死んであげないとなと思うばかりです。

週明けにふさわしい話題じゃなかったかしら

もんどりうってコケタ話

昨日、仕事で、
お客様のご自宅に向かって歩いているとき、
肩に掛けていた仕事用のカバンを手に持ち変えたときに、
ぶらんと垂れ下がった肩掛け用ストラップに足をからめてしまい、
コンクリートの地面に頭から突っ込んでしまいました。

おでこを深く擦りむいて出血の事態となり、
このままでは、お客様宅には行けないと、
絆創膏を求めてコンビニを探し右往左往。
とりあえず仕事は事なきをえましたが、
地面に打ち付けた頭、手、足がジンジン痺れて大変でした。

もう運動不足ここに極まれりである。
これは、今年やるべきことが決まりましたね。

あ~、いたたたたっ

断酒の効果

酒をやめて4カ月目ぐらいですが、
ちょっとした体調の変化がありましたので書いておきます。
もちろん、よい変化です。

というのも、
以前は記憶力に自信が持てなくて、
部屋(事務所)を出るたびに、
「鍵かけたかな~」「暖房消したかな~」と心配になり、
家(事務所)に引き返すこともしばしば。
東京に向かう高速の上で、どうしても心配になり、
京都で高速を降りて引き返したこともあります。

それが、昨年末以来、
そういう心配がすっ~となくなり、
一度、「大丈夫」と思えば、すぐに確信に変わって、
ねちねちと悩むことがめっきり減りました。

仕事柄、認知症(かもしれない)お年寄りとお話をすることの多いですが、
あらためて、酒は認知のメカニズムとなんらかの関係性があるんだなと
実感しているところであります。

今年、はじめること

ダイエットベースなハナシです。
あしからず

ということで、
すでにはじめているのは、
朝ごはんを「豆乳・野菜・果物」ジュースにすること。
これはベストセラーになった「レコーディングダイエット」で紹介されていて
前にちょっと試したときに効果があったので再び採用しました。
ジューサの掃除が面倒くさいんだけれどね。
確かに、それほど量をとらなくても昼まで腹はすかないので、
自分には合っているのかなと思います。

あと、うちの近所に「かんてんぱぱ」ショップがあるので、
これも何かの縁と思い、最近はお得意さんになり、
意識的にダイエットメニューに加えています。
お勧めは「寒天スープ たまご入り」と
「ぱぱドレッシング(ごまクリーミィー)」です。

https://www.kantenpp.co.jp/shop/index.php

とにかく、ダイエットって、
「何を食べないか」と同じくらい、
「何を食べるか」が重要なのだと思いますが、
とにかく自分に合うものを見つけるのが一番ですね。

あとは、腰痛をなおして、
なんとか運動が出来る体にできればと思っています。

腰痛~い

今年、やめること

もう、自分も齢45歳
すっかり、さえないオジサンになりました。

しかし、さえないオジサンなら、まだマシというもの。
昨年は、さえないオジサン状態をこのままキープし、
「見る影もない」オジサンへなるのを阻止しようと、
「コンビニで食べ物を買うこと」と「お酒を飲むこと」をやめました。
何事も努力が必要なのです。
で、結局、お酒は何の問題もなく一切飲まなくなりました。
勝手なもので、いざ、飲まなくなると、
「なんであんなに飲んでいたのだろうと不思議に思っちゃいます。

ということで、
オトナになるとなにかと不要なものを身に付けてしまうので、
毎年、意識して、何かひとつやめてみるのも、
自身を見直す良い機会になるのではないでしょうか?
さて、今年は何をやめようかしらね~、

ま、ダイエットベースなハナシですが・・

お年賀にかえて

ということで、年賀状をくれた皆様。
あけましておめでとうございます。

さて、僕は、年賀状に関しては、
「出した相手から来ず、出さなかった相手から来た」というのが嫌で、
小学校5年生のときに書くのをやめてしまいました。
親から支給されたお年玉付き年賀ハガキには枚数に限りがあったし、
それ以外のハガキで年賀状を書くのも、
なんか差をつけるような感じがしたのです。

今の事務所を開業した当初は、無理して何回か書きましたが、
やはり慣れないことは続かないものですね。
結局、今年も書かずじまいです。
申しわけない。

ということで、皆様、悪しからずご理解下さいね。
ちょっとばかし不精なだけで、けっして悪いヤツじゃないんです。

ということで、
今年も宜しくお願い致しますね。

7年目に入りました

明けましておめでとうございます。

ということで、今年も始まりましたね。
うちの事務所も、春が花を咲かせる頃には、
7年目に突入ということになります。
歳をとれば時間が過ぎるのがほんとに早いですね。

昨年は、ブログもさぼりがちでしたが、
今年は、初心にもどって、
毎日頑張って更新したいと思っています。

あることも、ないことも、
あったことも、なかったことも、
なんでもかんでも書き散らかしていくので、
ハナシ半分ということで宜しくお願い致します。

ということで、仕事にブログに頑張らねば
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市