おっさんのダイエット記録

(どうでもいいハナシ)

奥さんが東京へ里帰りしている間に、
集中してダイエットし、2キロ減らした。
具体的にいえば、73キロ→71キロである(177㎝)。
2週間、たまねぎとキャベツとトリ肉ばっかり食っていた。
(それとチョコレートも)

奥さんが帰ってきてから1週間、
昨日、体重を測ったところ、71キロ代をキープ。
やはり、体って、その体重に慣れてしまうというのか、
なかなか73キロから落ちなかったけれども、
ようやく壁を抜けてくれた。
うん、偉い、オレ

さて、来週から新年度である。
代謝も下がっりきった45歳のおっさんが、
食事制限だけでダイエットできるのもたぶんここまでであろう。
目標の体重67キロに向けて、するべきはやはり運動である。

そして、懸案の腰痛改善。
ギターを立って構え、
キース・リチャードのポーズを決めるだけで腰がグカーンと痛むのだ。
(まあ、そんなことしなければいいのだが)

うん、やはり、腰痛改善を切り口に、
自分に向いている運動を模索していこうか~

スポンサーサイト

ライブで背の高い者の気配り

ユーミンのライブで、
最前列の人が後ろの人に「立つな」と言われ、
頭をポコっとされたというニュースがヤフーニュースになっていた。
場所は大阪フェス。なるほど、それはモンダイである。
実は、ボクも新大阪フェスのこけらおとしの佐野元春のライブで、
最前列の席をゲットしたのだが、結構、後ろの人には気を使ったものだ。

ちなみに、
大阪フェスは、ステージの位置は、
客席の最前列で立つと腰くらいの位置にあるので、
アーティストが立って演奏をしている限り、
最前列の人が立っても、
それほどは後ろの人の邪魔にはならないはずである。
ボクも、元春がスタンドマイクで歌っているときは立っていたし、
キーボードを弾くために座ったときは、
座席を立てて、そこに座って観ていた。

それよりも、元春のビルボードのライブで、
ステージ側に座った隣の席のおっさんの頭が大きくて、
全然、ステージが見えなかったのは困った。
席を移るわけにもいかないし。
それ以来は、ビルボードはステージ正面前でなく、
斜め後方の位置に席を取るようにしている。

ちなみに、
最前列でなくてもボクは身長が177㎝あるので、
基本的にライブの際は底が薄いコンバースのバッシュを履き、
中腰の体勢をとるなど、
できるだけ後ろの人の邪魔にならないように気を配るようにしている。

やはり、結局は、後ろの人にしてみれば、
そういう気づかいがまったく感じられなかったのではないでしょうかね。
まあ、手を出すのはダメだけれど、
ユーミンのファンだったら(元春のファンもそう)、
もういい大人なんだから、やはり気配りは忘れないようにしないとね。
そして、何よりも「前が見えないのが腹が立つ」と言う人は、
ライブには向いていないと思います。
いろいろあって、全部含めてライブなのだから、
そういうヒトは家でDVDでも鑑賞するのがよいでないでしょうね。
ま、その人の勝手ですけど。

ちなみに、元春の大阪のライブでは有名なんだけれど、
絶対80歳は超えているだろうおばあちゃんが毎回参加され、
ライブを楽しんでいらっしゃいますよ。

ということで、実際には、
30分ごとにバラードで座らせてもらえるとありがたいですね。

ボクらの時代は既に終わっている

あまり時事のことに触れるのは控えめにしているのだが、
同じ年頃の子を持つ親として、ベビーシッター問題にひとこと。

乙武さんとムネオちゃんがやりあっているのをニュースで読んだが、
まあ、両者の言い分はそれぞれわかる。
しかし、このニュースでボク深くが感じたのは、
「結局、ネイティブのインターネット世代の感覚はわからない」ということ、
そして、我ら中年(さらに高齢者)の感覚で、
今の、このご時世を論じるには無理がある分野が確かにあるということだ。

自分のことはもういい。
自分みたいな古い人間は、古いように生きていけばいい。
問題は子供だ。

物ごころついたときからインターネットがある世代に対し、
インターネットの世界ことなんてよくわかっていない、
ボクらの世代が、どう教育できるのであろう?
はたして、ネイティブの英語を喋りはじめた子供に、
片言の英語しか喋られない親が英語を教えられるのか?

いろいろと考えてみなくてはならない

酒をやめてしみじみと想う

酒を飲まなくなってもうすぐ半年になる。
「もう、そんな経つのか」というのが正直な感想だ。
馴染みのホルモン屋で、
まわりの仲間がビールを飲んでいても、
別につらくもないし、飲みたいとも思わない。
コーラで充分である。

でも、
中島らもでも、晩年、暫くは禁酒をしていたというのだから、
ちょっとぐらい禁酒ができたところで別に驚くことでもない。
誰だって、その気になれば禁酒ぐらいできる。

で、中島らもはその後、再び飲み始めたのだが、
結局、酒が好きだったということで、
それはそれで判断である。
酒を飲む人生もよいものである。
少なくとも、酒を飲みたいと思いながら、
我慢して長生きする人生よりもずっと良い(とボクは思う)。

でも、
たぶん、ボクはもう飲まないと思う。
それは別に健康のためじゃなく、
自分は酒がそれ程好きではないことがわかったから。
30年音楽を聴いてきて、やはり、
ジャズよりポップスの方が好きなのと同じように、
唯、単純にアルコールよりも普通のジュースの方が美味しいと思うのだ。
つまるところ、味覚が子供のままだということなのだが、
それもまた良い人生なのかなと思う。

この一番の問題は、
飲むか飲まないかという極端な選択肢しか取れない
自分の性格にあるのであって、
やっぱり、セーブして飲める人が一番幸せですね。

知っているようで知らないことは多い

さっき、
「大滝詠一のお別れ会があった」というニュースを読んだだけで、
涙腺が崩壊してしまった。

ロング・バケーションがちょうど中学1年生の時で、
ファンというかなんというか、もう当然のように聴いていた。
次のイーチタイムはもちろん、トライアングルの1,2
ソロ・ファーストやカレンダーやソングスとか、
もちろん、はっぴいえんど(特に1,2枚目)も、
チェックしてみたらレコードも、CDも当然のようにあり、
改めて聴いてみたら、暫く聴いていなかったにもかかわらず、
いろんなことがありありと蘇ってくる。

そして、この3か月、
毎日のようにナイアガラ(はっぴいえんど)を聴いている。

で、流して聴いている分には、
よく知っているし、よく覚えているんだけれど、
何度も聴きこんでいくと、
こんなこともあんなこともと
当時気づかなかったことがわかり、
あらためて氏の偉大さに気付かされました。
(正直、当時は、音頭の良さがよくわかりませんでした)

ということで、ナイアガラの系譜というのは、
自分にとって思っていたより大きいみたいです。

ただのいちファンにすぎないのに、
こんなに寂しい気持ちになるのって、
もういい大人なのに変ですよね、

それにしても、死ぬ瞬間、自分の死を察して、
大きな声で「ママ、ありがとう」と叫んだとのこと。
最後まで、只者ではないヒトでしたね。

物欲が止まらない

ボクは、つねに、いつも
「もう1本ギター買うとしたら・・」
ということを考えているのですが、
昨年末、ジャズマスターを買ったばかりなのに、
最近は、ローズボードのストラトの検索ばかりしている。
色は、Shoreline Goldがお目当て。
あと、ギルドのドレッドノートが欲しい。
D-40かD-50。
できれば、ピックアップのついたD-40cntがベスト。

ボクとしては、あと2本揃えば、
所有しているギターが調度10本になるので、
キリが良いと思うのですが、
奥さんはそんな風には考えないのでしょうね、きっと

ちなみに、ネットで購入し、
不満たらたらだったジャズマスター(フェンダーメキシコ)は、
リペアショップでナットの交換をし、
フレットのエッジ処理をしてもらったら、
随分といい感じになりました。
ピックアップは随分とパワーがあり、
60年というより、90年ロック使用って感じです。

おじさんのダイエット

(どうでもいいハナシ)

最近、チョコばかり食べているので、
ダイエットできていないかなっと思っていたのだが、
先日、体重計に乗ったら、70.8キロと、
ここ数年で最軽量記録を達成していた。
奥さんと娘が10日程前に東京に行ってから、
意識して食べないようにしていたのだが、
この10日で2キロ減ってくれたことになる。

確かに、チョコの他には、
ほぼ、キャベツとタマネギとトリ肉しか食っていないからね。
あと、かんてんパパのかんてん麺も食べているか。
とにかく、奥さんたちが帰ってきてから
リバウンドしないように気をつけなければ。

それにしても、
1年前には80キロ近くあったことを思うと結構なダイエットである。
平均すると1カ月1キロぐらいのペースでの減量だけれど、
昨年春にコンビニで食べ物を買うのをやめて75キロまでガクッと落ち
さらに、秋に酒をやめ、72~3キロで落ち着いていた。
できれば、このまま68キロぐらいまで落とし、
そのあたりでコントロールできればと思っております。
(学生時代の体重ですね)

ちなみに、一切運動はしていません。
自慢じゃないけど

なお、身長は177センチです。

春近し

今日は、市役所の無料相談会の相談員に

市役所の相談員は年に2回くらい、
その他、商工会議所でやっている司法書士会主催の相談員もあって、
公的活動として出来る限り参加しております。

こういうのって事前予約って必要なのかしらね?
よく知りませんが、ご相談がある方は、
主宰者までお問い合わせください

ボクの独立記念日

ということで、
3月15日は晴れて修行していた司法書士事務所を辞めた日で、
別の言い方をすれば、給料をもらう生活が終わった日でもあります。

なんだかんだいって、
今から思えば、給料をもらっているときには、
稼いでくることの大変さってあまり理解できていなかった。
雇っている立場と雇われている立場の違いですね。
ボクは、誰も雇っていませんが(奥さんを除く)。

そして、なんだかんだいって、
やはり最初に過払いブームがあったのはありがたかった。
もう、2年くらい前から過払いの相談もほぼなくなかったが、
(まったくないわけではない。今もアイフルと戦っています)
なんとかかんとかやっております。

まあ、春から7年目(第7期)、
どんな事務所になっていくのでしょうね。

去年は、気軽にお願いできる土地家屋調査士さんと知り合えて良かった。

そして、来年、社労士の資格を取るべく勉強をはじめました。
ほんというと、別に社労士の資格が欲しいわけでなく、
ヒトにお願いするのが苦手なだけなんですけどね。
だって、紹介した仕事が、依頼になればいいけれど、
そうならないことだって多いし、いろいろと気を使うじゃん。
英語も継続して勉強中だし、なんだかんだいって、
学生のように勉強ばかりしている、45歳の春です。

ちょっとだけエスニック気分

連日、食べ物のハナシで恐縮ですが、
最近、南千里のカルディ・コーヒーでよく買い物をします。
お目当ては、エスニック系の食材で、
とりあえずのお気に入りはこんなところ、

140314_065142.jpg

ボクはインドやタイ方面の味が好みで、
こういうのを食べていると
バックパッカーをしていた27歳の頃を思い出します。
今、これを書いてびっくりしましたが、
もう、旅をしていたのは、ほぼ20年も前のことになるんですね。

年もとるわけだ

ちなみに、旅の途中は、こんな感じでした

CCI20110919_00004.png

(チベットにて)

この頃は、若く、痩せて、いつも尖っていましたが、
今では、身も心もすっかり丸くなってしまいました。
いつか、また娘と奥さんと一緒に旅をしたいものです。

チョコ中毒のおじさん

どうでもいいハナシだけれど、
最近、女子みたいにチョコレートばかり食べています。
普通のスーパーで売っているフツーのチョコだけれど、
どれもこれも、凄く美味しい。
一番のお気に入りは、ちょっと高いけれど、
明治のアーモンドチョコスライスです。

それにしても、
酒をやめて嗜好が変わったのかしらね。
どうも、最近、自分の中の女子力がアップしている気がします。

ということで、ダイエットも簡単じゃないですね。

春が来た

ようやく春が来ましたね

うちの事務所は、
いろいろと考えるところがあって、
エアコンを入れていないので、
(小さい電気ファンヒーターを使っている)
夏は暑く、冬は寒いこと、この上ないのだが、
今日は、事務所にいても快適に過ごせております。

それにしても、今年のカンパはハンパなかった。

しかし、人間の体というのは不思議なもので、
どんな環境にも慣れてしまうのものなのか、
自分は、全然大丈夫なのですが、
(かえって体が丈夫になった気がします)
相談者には申し訳ないと思っています。

さ~て、
次はこの夏までに暑さ対策を考えなければね。
もちろん、扇風機は使っていますが、
エアコンを使わずに、少しでも涼しくなる方法、誰か教えて下さい。
夏用の電気ファンヒーターみたいなのってあるのかな?

佐野元春と明石屋さんま

今日は、早起きして、
仕事で明石に行ってきました。
明石といえば、6年前の今頃、
今の事務所の開業準備をしている頃に、
元春のライブに、(小)遠征しました。
「Sweet Soul Blue Beat」ツアーですね。
で、明石といえば、明石屋さんまですが、
元春とさんまって、ボクにとっての2大アイドルなのです。
(無理やり、とってつけましたが・・)

そして、この二人、
まったく違うようで、とても似ています。
このテーマについて語るには一晩かかるのだけれど、
ちょうど3年前の震災で象徴的だったのは、
さんまが「笑い」を届け、元春が「誌」を捧げたこと。
この二人の思想の根底にあるもの、
そして表現の動機、方法、美学など、
とても似ていると思います。
特に、死に対する観念とかね。
(わかるひとにはわかるハナシ)

さ、タコ、食おうっと、タコ好き

140311_185303.jpg

虹とパパと涙

昨日、つるの剛士さんの歌う「虹」という曲を、
itunesでダウンロードし、
今、超ヘヴィローテーションで聴いています。
今日だけで15回聞きました。

この曲は、
先日の保育園の文化祭で、
娘がみんなと一緒に歌ってくれた曲で、
バカ親は、娘の歌う姿に涙をボロボロ。
つるのさんの歌を聞いても、
3回に1回は泣いちゃいます。

ついでに、
ユーチューブでつるのさんがカバーした、
プリプリの「パパ」を聞いて、さらに涙。
でもね、そうなんだろうね、
にわかには信じられないけれど、
やがて、他の誰かが自分に代わって、
娘を愛するようになっちゃうんだね。
認めたくはないけれども、
そうならなければ、それはそれで困っちゃうし、
まあ、娘が自分の方を向いてくれているうちに、
気のすむまで可愛いがりまくります。

ちょっと前に生まれたばかりの娘がもう4歳。
この4年間、いろいろとありましたが、
きっと明日はいい天気ですね。

お気に入りのプリンストン

140309_062447.jpg

ということで、
マイ・アンプはプリンストン・リバーブです。
ブルース・ジュニアやホットロッドのシリーズと悩みましたが、
どのみち、クリーンメインで、
歪みはエフェクトという方向性だろうから、
プリンストンにしました。

ボリュームを上げるとクランチ状態になるといいますが、
いくらアメリカでは個人用の練習用アンプ(15W)とはいえ、
やはり日本の一般家庭で使うには大きなもので、
ボリューム3,4で、さらにギター側で6,7に絞って、
ようやく鳴らせるという感じで、
クランチサウンドは試せていません。
今度、練習に持っていこうかしら

でも、ルックスもサウンドも、
とても気に入っています。

自慢のエフェクトボード

久しぶりにエフェクトボードを更新

140307_065858.jpg

ちょっと写真が暗いですが、
左上のアコースティックシュミレターを組み込みました。
BOSS AC-3ですね。

そうです。
練習にアコギを持っていくのが面倒くさくなったのです。
だって、大変なんだもん。セッティングとか。

アンプはクリーンで、基本的には、
「抹茶ドライブ」
「H20」
「EP Booster」
の3つがあればOKって感じです。

ちなみに、ギターから、
ダイナコンプ → 抹茶ドライブ → H2o → ベビートレモロを経て、
→Boss AC-3 → Boss Ge-8 → EP Boosterへという並び。

で、このAC-3
サウンド的には「まあ、こんなものかな」という感じなんですが、
ノイズが目立つのが難点。電池とかにした方がよいのかしらね。
イコライザーでハイを削るとアコギっぽさが消えるし、
今、いろいろと模索しております。

コンプは最近はあんまり踏んでいないかな

このトレモロは、それようの曲にはいい感じになりますよ。
(裏ぶた開けて、いろいろと調整できます)

あと、イコライザーは、
「テレキャスでビートルズ・サウンドを追求できないか」
という趣旨で組み入れております。
ロー、ミッドを抑えて、ハイを上げると、
なんとなくそれ風になるような気がしていますが、
まだまだ試行錯誤中です。
ビートルズやるためだけに、
リッケンとか、グレッチとか、エピフォンとか買えないものね。
(画像はAC-3のノイズ対策の調整中のポジションです)

ところで、もうすぐ
H2Oの新作が出るらしい(欲しい~)
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市