永遠のア・ロング・バケーション

ということで、また買ってしまいました。

150831_161333.jpg

ナイアガラ関係のCDは、
選書シリーズで出たものは、その時全部揃えたのですが、
この夏の思い出として30周年リマスター盤を購入しました。
(∴ カラオケがついています)

いや~、好きだね~
いや、ほんと、好きなのよね。
でも、みんな、好きでしょ?

それにしても、もう、何回聞いたんだろうか。
そして、あと、何回聞くんだろうか。
あ~、はてしない

ということで、秋の思い出はイーチ・タイムの30周年盤かな~
スポンサーサイト

得した気分で損している

世間的には、
東京オリンピック関係の関心が高く、
新国立競技場やエンブレムの問題が取りざたされているが、
あんなのは安保法案の隠れ蓑に過ぎず、
個人的には「プレミアム商品券ってどうなの?」って方が気になっている。

発売されるまでこの制度については何も知ることもなく、
たまたま事務所の近所で発売していたので1万円分だけ買ったのだが、
身分証明書を手にもって待っていたら不要だというのだ。
「えっ」と思ったのだが、何気に調べてみると、
吹田市民でなくても買えるという。
吹田市では「1人5冊まで」などとうたっておきながら、
全然チェックしていないのだから、
「1人5冊」の記載にはいささか問題があると思う。
(∴ 正確にいえば「1回5冊まで」である。)

しかし、それならば、
よく考えてみるまでもなく、
購入主体がでかいほど利益がでかく、
購入主体が小さいほど利益が小さいのは明らかで、
どう考えても不公平な制度だと思うが、
これを問題視する声は小さい。
おそらく、制度の目的は地域振興だから、
誰が使おうが地域が潤えばいいという理屈だろうが、
まったく杜撰な制度だと思う。

でも、皆、なんとなく得した気分になっているので、
「そんな固いこと言わなくていいじゃん」ってことなのだろうけど、
本当は、損しているかもしれないのにねぇ~。(たぶん、そう)

それにしても、マイナンバー制度が導入されるなど、
取る方はめいっぱい絞ってくるくせに
配る方がこんないい加減でいいんだろうかと思うのだが、
どうなんでしょうね。
難しいことはよくわからないけれど、
いわれもなき監視社会に、
息苦しさを感じる今日この頃であります。

ひとまず完治しました ~ 潰瘍性大腸炎 ~

ということで、
下血に悩まされ、
痔だと思い放っておいたら、
とんでもない出血の量になり、
病院に駆け込んだのは15年も以上も前のこと。

最初は、おしりから内視鏡が入らないくらい炎症が酷くなっており、
それを、大量のステロイドで抑えて、
検査をした結果、「がんの可能性もある」と、
家族を呼ばれて説明を受けたことが昨日のようです。

退院してからはステロネマって奴だったけれど、
ステロイドの副作用が辛くて、しんどかったな~
薬は、途中、子作りをしたいのでやめていた期間もありましたが、
薬はペンタサ、サラゾピリン、アサコールと経ました。

しかし、ようやく、
先生から「暫く経過観察で行きましょうか」と言ってもらいました。
まあ、完治はしない病気だと言われてるので、
予断はできないということだけれど、
「ようやく、ここまで来た」という感慨深いものがあります。
内視鏡で見たら、
タダレや炎症があった箇所に跡は残ってはいるものの、
キレイにつるんとなっておりました。

ということで、同病の皆様、
希望をもって治療してくださいね。

ボクが気をつけていたことは心も体も休ませること。
そのせいか随分とアホになった気もしますが、
そっちの副作用はそれほど嫌じゃありません。

創作って難しい

デザインの世界のことはよくわからないけれど、
それにしても、水に落ちた犬を叩く勢いは凄いですね。
最後には「そして何もなくなった」とならないか心配になります。

さて、
音楽の世界も同じような論争はいつもあって、
この間、ファレル・ウィリアムズが裁判に負けたときは驚きました。
でも、新曲が発表されるたびに、
「あの曲に似ているんじゃない」という話になるのは、
いかにもばかばかしいと思うし、
個人的には似ていたって全然構わないじゃないかと思う。
そもそも、アバンギャルドを目指すのならともかく、
ポピュラー・ミュージックを志向するなら、
他の作品に似たものになるのは当然だと思う。
曲によっては、わざと似せていくケースだってあるし。
そもそも、ポップスなんていう、宿命的に短命なものが、
よく50年ももったなと思うけれどね。

まあ、ファレルの件みたいに、
一般リスナーでなく、
権利を持っている人が主張しているケースは、
それはそれでアリなのかなとも思いますが、
それにしても、マービン・ゲイが生きていたら、
こんな訴訟沙汰にはならなったでのはないかな。
でも、ボ・ディドリーはジャングル・ビートの特許を取ろうとしたっていうし、
そうでもないのかしらね。

夏休みの宿題 その3 ~あの時、僕は若かった~

この週末、
独り暮らしのヒマにまかせて掃除していたら、
物置の中から昔の写真やらや手紙やらが出てきて、
それを何気なく整理していたら、
不意に若い頃の自分の愚かさに襲われて、
誰もいない部屋で思わず赤面してしまいました。

昔のお友達の皆さま、
自分は生意気でした、
意味もなく、いい気になっていました、
ゆるしてください。
本当に、若くて愚かですみませんでした。

ということで、本当、
無防備に昔を思い出すのは体によくないですね。

あと、
大量のカセットテープ、どうしよう?
捨てちゃおうかな~
レコードと違って、もう聞くことなんてないよな~
どうなのかな~

夏休みの宿題 その2 ~アイスとセミの日々

ということで、
奥さんと娘が里帰りしているこの1週間で、
おおよそ2キロ減り、再び70キロを割り込みました。
いつもそうなんだけれど、
独りになると途端に食欲がなくなってしまうのです。

それにしても、
1年前に72キロぐらいまで体重が減った後、
結構、食べてもそれ以上太らなくなったので、
今は特に意識してダイエットしているわけでもなく、
唯々、独りだと食べることに興味がなくなるという感じで、
今回は、朝はヨーグルトにフルーツ、
昼はアイス、夜は食べたり、食べなかったりで、
あとは、少しお腹がすいたなというタイミングで、
ゆで卵を食べる日々であります。
(ゆで卵は1パックごと茹でて冷蔵庫に入れておきます)

ということで、8月15日。

窓の外では今日もセミが鳴いています。
セミ以外の昆虫はほぼ見なくなってしまったというのに、
セミは結構偉いやつです。

さて、今日は、お昼に何アイスを食べようかしら?

夏休みの宿題 その1 ~イデオロギーの時代は終わっている

ということで、
世間はお盆休みですが、
今日も事務所に出てきております。
できれば、午前中で上がろかなと思っておりますが、
奥さんと娘が里帰りしているので、
家に帰っても、家の掃除以外にすることもなく、
なんとも手持無沙汰な独身生活を送っております。
でも、昨日の、憐れな弁護士さんのニュースを聞くと、
家でアイス食べてるくらいが調度いいのかなとも思います。
まさに、「後悔、先に立たず」ですね。
(思わず、身震いしちゃいました。ぞぞけー)

で、タイトルですが、
昨今、政治の季節なのか、
いろいろとニュースになっていますが、
それにしてもアヤウイと思うのが、
結局、イデオロギーの話になっているということ。
ここはひとまず違憲だけでまとまればいいのに、
そこに各自が己のイデオロギーを持ち込んでいくと、
なんだかんだと、結局、足並みが乱れて、
相手側の思う壺にハマルだけだと思うのだけれどね。
自分自身は何ら社会的な行動をするつもりはないので、
他人のすることをいちいち批判したりしないけど、
なんだかアヤウいなと思うのが率直なところです。

それにしても、「猛暑、猛暑」というけれども、
本当に、今年は猛暑なのかしら?
震災後、事務所でエアコンを使っていない実感からは、
(∵ 自宅では、寝室でだけ使っています)
2、3年前の方が暑かった気がするんだけれども。
それとも身体が慣れてきただけなのかしら。
ということもあって、「熱中症に気をつけよう」商法って、
反射的に眉に唾つけて聞いてしまいます。

ということで、
何事もあらぬ方に持っていかれないようにと身構えている、
今年の夏なんです。

最近の悩み事

猛暑の夏ですが、最近、悩んでいることがあります。

それは、もう断酒して2年が経過するのですが、
「このまま酒を断つべきかどうか?」
ということ。
 
そういう気持ちは、
タバコをやめたときは全然なかったのですが、
酒には未練が残っているようで、
フとしたときに「飲めたらもっと楽しいかも」と、
思うことが結構あるのです。

せっかく酒をやめて、
体重も落ちて、体調もよくなったので、
このまま断酒を継続したいという気持ちもある。
でも、月に1回か2回、自宅でうまい料理を食いながら、
奥さんと晩酌を交わすくらいのペースで飲めるのならば、
「もっといいかも」と思うのだ。

問題は、前みたいに毎日ダラダラと飲みやしないかということ。
性格的に、そうなる可能性がないわけではない。
極端な性格なのである。

とにかく、あと1年は断酒を続けようと思っています。

(う~ん、ビールが飲みたい)

いざ、松坂へ

ということで、
佐野元春の松坂マクサのライブチケットをゲットしたものの、
さて、どうやって行こうか迷っています。

なんてたって、月曜日だもんね。
当然、午前中は仕事をしなけりゃならんし、
翌日のことも考えるとライブが終わったら、
すぐに大阪に帰らなければならない。
となると、やはり、車しかないのか。
近畿道から西名阪なのか。
軽自動車で。

ん~、研究せねばなるまい

しかし、これって遠征じゃないのよね~
松坂が一番近いんだからさ

まあ、次は京都に大阪だ、
ここは頑張ろう
事務所案内
<事務所外観>


<事務所案内>
〒565-0851
吹田市千里山」西1-41-23
ダイサンビル2F
大阪千里司法書士事務所
TEL:06-6310-8846
FAX:06-6310-8847

<アクセス>
・阪急千里山駅徒歩すぐ


コインパーキングは地図右側の
千里山郵便局付近


  • 管理者ページ

  • こんなこと書いています

    <最新の記事>



    <最新のコメント>

    archive
    YouTube
    動画も初めてみました


    動画サイトはこちらから
    メール・相談はお気軽に
    ブログ上には反映されませんので、お気軽にご相談下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    サービスエリア

    次の北摂地区
     吹田市
     豊中市・摂津市
     箕面市・池田市
     茨木市・高槻市


    その他の地域の方も
     豊能町・能勢町
     三島郡島本町


    次の大阪市など
     淀川区・東淀川区


    次の近隣市町村など
     川西市・伊丹市
     西宮市・尼崎市